世界

ウクライナの司令官は状況が「危険」なので、マリウポール工場で国際撤退努力を要請

ウクライナの第36海兵旅団司令官セルヒ・ボリーナ少佐は、火曜日の夕方、マリウポール市でCNNと電話通話をし、ロシアの爆撃でアゾフスタル鉄鋼工場に閉じ込められた軍人と民間人を避難させることを第3国に要請した。

ボリナは「私は世界に宣言することがある」と述べた。 「私たちに残った時間が数日、数時間しかないので、これは私の最後の声明かもしれません。 「私たちを第三国の領土に連れて行って安全を確保してもらうよう要請します。」

囲まれた都市内のウクライナ軍は、巨大なAzovstal鉄鋼工場を中心に統合されました。

ウクライナの管理者は、何百人もの民間人が大規模な製鉄所の地下に避難していると述べた。 マリウポール警察関係者は、CNNに爆撃で食料と水供給が減っていると話した。

避難がどのように促進されるかという質問にボリナは「これは合意レベルであるべきだ。 それは私たちに来て、私たちの安全を確保し、そのような約束をする国への道に私たちを同伴することができます.」

ボリナは、負傷した病歴が多く、医療が限られた工場の状況が「緊急」だと説明した。

彼は「我々は完全に包囲された」と述べた。 「傷病が500人ほどあるのに医療支援が非常に難しいです。文字通り腐っています。領土に民間人がいます。彼らも横から爆発、爆発に苦しんでいます。 [the Russians] 重い航空機の爆弾を使って私たちに砲撃を与えます.」

「こういうことはいつも起こります。都市は破壊されます。敵軍は私たちより数十倍も多く、空中、砲兵、装備、人材の完全な利点を持っています。 続く。

ウクライナの司令官は、工場の領土に「何百人もの民間人」が避難していると推定しました。

「私たちは絶対にすべての世界の指導者に訴えています。 「私たちはトルコ側が保証人として働いているといういくつかの進歩と交渉があることを知っています。おそらく、アメリカはこれが強力なリーダーを持つ非常に強力な国だと信じているので、 [President Joe] バイデンは、できるだけ最短時間でこの問題を個人的に解決できると述べました。 それとも、この問題は彼の助けを借りて短期間で解決することができます。」

VolinaはAzovstalで耐えている軍隊の数に対する言及を拒否しました。

彼は、「世界が私たちの言葉を聞くことができれば、世界の頂上が私たちの言葉を聞くようになれば、私たちもそうなることを切に願って、摘出手続きが進めば、抑留された人々の量的構成を皆が知ることになるだろう」と話した。

READ  デンマークの村は、ゴミをビーチから海に移すために15万ドルを費やしました。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close