ウクライナの避難民の65%が日本に滞在し続けたい:調査

1 min read

(ゲッティ)

東京 – 12月15日、日本財団が発表したアンケートによると、ロシアの自国侵攻後に日本に滞在しているウクライナ避難民の約65%が日本に滞在したいと述べた。

この調査はまた、日本のウクライナの避難民が仕事を探して友達を作るのに苦労していることを示しました。

日本財団は財団の支援を受ける18歳以上の人々を対象に、6月から継続的に避難民投票を実施しています。 今回の結果は去る11月28日から約2週間750人を答えた結果だ。 全体の回答者の84.4%が女性であり、20代が35.3%で年齢別に最も多かった。

ウクライナに戻る意向があるかという質問には、「ウクライナの事態が落ち着くまで日本にしばらく滞在したい」という回答が40.8%、「長い間日本に滞在したい」という24.7%だった。 「総合65.5%。一方、日本に支援を受けることができるのか、家族を祀って行くことができるかなど、現地の事情によって決定したいという回答は23.5%、「早く帰国したい」という回答は2.3%だった。

避難民の合計60.9%が「仕事をしない」と話した。 職業がない人の約60%が職業を探していて日本語を学んだり、就職のために訓練を受ける人が多かったです。 最近生活環境を問う質問に約70%がたまに眠れないと答え、約60%が「孤独を感じる」と答えた。 60代の男性は、高齢者ができることはほとんどないと言い、40代の女性は、無料の住宅プログラムを通じて提供される彼女の家がかなり老朽しており、継続的に修理が必要だと話しました。

お小遣いや生必品以外に必要な支援が何かという質問に55.9%が「レクリエーションと観光」と答えた。 「日本人友達付き合い」は36.0%、「ウクライナ友人付き合い」は23.5%だった。

佐々川純平日本財団常務理事は「7月の調査で「観光」という項目は(支援が必要な分野へ)このほど選択されなかった。 続いて「特に田舎地域は交流行事がなく孤独な避難民が多い」とし「要求事項が変われば固定された位置で状況を見守りながら支援策を設けたい」と話した。

(日本語原文:Ai Kunimoto、Tokyo City News Department)

READ  日本、「それほど遠くない未来への入国制限解除」
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours