経済

ウクライナの難民を支援するために1,000台の通訳装置を寄付





2022年3月、ウクライナ国境に近いポーランド村のある避難民がポケットトーク通訳を受けている。 (写真提供: Pocketalk Corp./Kyodo)

TOKYO(Kyodo) – 日本企業で新しい生活を始める多くの避難民の言語困難を和らげるために、駐在ウクライナ大使館に1,000個の小型通訳装置を寄贈しました。

Pockettalkハンドヘルドを提供するためのイニシアチブは、東京に拠点を置くPocketalk Corp.から始まりました。 「私たちの使命は、言語の障壁を取り除くことです。彼らが避難民を助けることを願っています。」

Pockettalkは、簡単な翻訳機能を提供するスマートフォンなどの小型ハンドヘルドです。 ユーザーは話しながらボタンを押すだけで、デバイスが話した内容を選択したターゲット言語に翻訳して画面に表示します。 また、フレーズの録音を再生することができます。

このデバイスはウクライナ語を含む70の言語と互換性があり、音声出力機能を持たない12の異なる言語を処理できます。 2017年のPockettalkの発売以来、世界中の総出荷量が900,000台を超えました。

2019年の日本訪問中、ボロディミール・ジェレンスキー・ウクライナ大統領は、日本神経経済協会が主催した昼食会に出席し、松田が取締役として出席しました。 そんな関係で松田は侵略が始まった直後、自分が助けることができることを考えました。

3月14日、彼は東京にあるウクライナ大使館に通訳装備1,000台を寄贈しました。 大使館関係者は「避難民家族1人当たり1枚ずつ分けてくれている」とし「すでに直接または郵便で100人余りを分けてくれている」と話した。

関係者は「ほとんどの避難民は日本語を知らない。感謝した」と話した。

「私たちは、できるだけ多くの言語で製品を使用できるように常に努力してきました。ウクライナでもサポートできます。」 同社はまた、ウクライナの国境近くのポーランドの村の避難民に300以上のPockettalkデバイスを配布しました。

同社によると、ウクライナ語から他の言語に翻訳することを選択したユーザーのケースは、侵攻前の1月中旬より3月末に5倍増加し、避難民が使用した可能性があります。

現在、日本にはウクライナで500人を超える避難民があり、その数はさらに増えることができます。

マツダは、製品がどのように使われることを望むかについて、「地方役所の行政手続きや銀行口座開設などの業務に多くの役に立つと確信している。彼らが知ってもらいたい」と話した。 日本国民も、祖国との別れの寂しさを少しでも和らげています」

READ  中国経済の最も重要な言葉は安定性

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close