ウクライナ戦争:ルーマニア、ロシアのドローン部品が自国の領土に衝突したと暴露

1 min read
  • サラ・レインスフォード
  • 東ヨーロッパ特派員

画像キャプション、

ロシアは1ヶ月以上ドナウ川の岸辺のウクライナ港の施設を攻撃してきました。

ルーマニア国防総省は、ロシアがウクライナの港を攻撃したのに使用されたドローンの破片がルーマニアの領土で発見されたと述べた。

彼の発言は、2日間、彼と他の上級管理者が国境を越えた出来事を「断固として」否定したことによるものです。

ウクライナは爆発の証拠があると主張した。

ルーマニア大統領は、国防部が調査している今回の攻撃は、ルーマニアの主権に対する深刻な侵害になると述べた。

クラウス・イオハニスは、NATO加盟国であるルーマニアに対する攻撃は「完全に容認できない」と述べた。

月曜日、ウクライナの外務省は、ウクライナのイズマイル港に対するロシアの攻撃後、日曜日の夜、ルーマニアでシャヘッドドローンが「落ちて爆発した」と報告しました。

この事件は、モスクワがウクライナの近隣諸国に加えた「巨大な脅威」のさらなる証拠と呼ばれています。

現在、調査が進行中であり、破片がロシアの武器からのものかどうかを確認するために分析されています。

キエフの主張を反論することは、ウクライナのドミトロクレバ外務大臣が事件の写真証拠を持っていると公に発表した後に困難になりました。

彼は何が起こったのか、「絶対に明らかだ」とし「否定する理由はない」と述べた。

この事件は、なぜ政府が攻撃をそのように迅速かつ明確に否定し、隠蔽の試みを疑うのかを知りたがるルーマニア評論家の怒りの反応を呼び起こした。

「「大君主」が望んでいないのは何もなかった30年前の思考方式をまだ持って生きているからか? それとも純粋に愚かな考えだったのか?」 国防アナリストアンドレイ・ルカ・ポペスクは共産主義の統治時代に言及し、尋ねた。

非常に実用的なリスク

彼は人口を戸惑わないことが賢明ですが、地理的位置とインターネット時代に嘘をつくのも無意味だと付け加えました。

彼は「私たちはこのためにNATO第5条を発動しないだろう」とし、ある加盟国に対する武力攻撃は加盟国全体に対する攻撃という合意に言及した。

「しかし、我々は、付随的な被害の危険性が非常に現実的で、可能性の高い国境で戦争に直面している」。

ロシアは、ウクライナが黒海から穀物を輸出することを許可する契約を撤回した後、数週間ドナウ川に沿ったウクライナの港の施設を攻撃してきました。

Oleh Kiperのオデッサ地域軍庁長は、死亡した人は農業労働者であり、港と穀物施設が損傷したと述べた。

ルーマニアの管理者は、ドローン事件について以前に強く否定したことについて説明していませんが、国防総長は、ルーマニア大統領に「間違った情報を提供する」ことについて責任を負っています。

長官は、ルーマニアテレビとのインタビューで発見された有害は、何の脅威もないと主張しました。

彼は、当局が高い境界態勢をとっており、領空を確保するためにさらなる措置を取ると付け加えた。 「私たちはより多くの観測ポイントとより多くのパトロールを確保します。」

ドローンが撃墜され、破片がルーマニアに落ちたのか、それともルーマニア側の国境に墜落したのかは完全には明らかではありません。

ルーマニア国防省は、先にウクライナと国境地域の状況をリアルタイムで監視していると述べた。

国防部は先立って声明を通じて「ロシア連邦が使用する攻撃手段は国土やルーマニア領海に直接的な軍事的脅威を加えたことがない」と明らかにした。

ウクライナ内戦が西国境を越えて拡大するという懸念を促した事件は今回が初めてではない。

画像キャプション、

ウクライナ対空ミサイルの破片がポーランドに落ちて2人が死亡した。

昨年11月、プシェボドフの町の近くで2人のポーランドの農家が死亡したとき、キエフを含む初期の報告書はロシアのミサイルを非難しました。

後に彼らはウクライナ防空システムが発射したミサイルの破片が落ちてロシアミサイルを撃墜させて死亡したことが確認された。

それから今年4月、数ヶ月間検知されずに放置されたロシアのミサイルがポーランドの森で発見されると、ポーランド政府は当惑感を感じました。

管理者はそれが餌として見られ、爆発物が含まれていないことを急いで明らかにしましたが、それがどのように検出されず、国境を越えたかを決して説明できませんでした。

READ  意見| 10年後、シリアの革命は終わっていない
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours