ウクライナ障害者トライアスロン選手、日本代表チームと共にトレーニングキャンプに参加

Estimated read time 1 min read

ウクライナの障害者トライアスロンチームは、2024年2月24日から3月5日まで、日本の沖縄で開催されるトレーニングキャンプのために日本代表チームに参加しました。 選手たちは大会を準備しながら、日本の温かく歓迎された雰囲気の中で訓練環境を模索しました。

ウクライナの障害者であるトライアスロン選手の一人であるアリサ・コルパッチ氏は、「人々がとても親切で私たちと良い関係を築いているので、ここに来てとても嬉しいです」と語った。 「最近は私たちにとって一般的なことではないので、私たちにとってはとても楽しいです」

日本の障害者もウクライナのチームと一緒に訓練する機会を受け入れました。 @日本体育振興院/ムクオウタ

今回の合同訓練キャンプは、スポーツを通じた国際協力と発展を図るため、日本政府が支援するプログラムである「スポーツフォートモロー(Sport For Tomorrow)」の主導で実現した。

このプログラムは、2020年東京オリンピックおよび障害者オリンピックの遺産に基づいて、持続可能な開発目標(SDG)に貢献し、スポーツを通じたグローバルな交流と協力を促進することを目的としています。

このプロジェクトでは、日本スポーツ庁は、紛争などの国内状況により自国で十分な訓練環境を確保できない海外選手のために、日本内の訓練環境構築に努める専担国家連盟(NF)に必要な支援を提供します。 この計画の恩恵を受け、ウクライナの障害者バドミントンチームは、2023年11月に東京で開催された国際大会に参加しました。

日本の障害者選手はまた、障害者オリンピック選手Alisa Kolpakchy(PTS5)とVita Oleksiuk(PTVI2)、ガイドNataliia Matsupko、コーチRoman Korolを含むウクライナのチームと一緒に訓練を受けました。

東京2020男子PTVI個展で銅メダルを獲得した米岡さとるはこう語りました。 「彼らは通常、厳しい訓練環境で訓練することを知っています。 彼らに比べて、私たちはこのような満足のいく訓練環境で過ごすことがどれほど大きな祝福であるかを感じます。 一心で訓練する姿に感動しました。

同僚の宇田秀樹は、「見知らぬところで見知らぬ顔で訓練することを尊敬する。

「様々な国の選手たちが横で泳いで走る姿を見るだけでもインスピレーションと動機付けになります。 彼らが参加してくれて本当にありがとう、私たちにとって良い機会です。」 東京2020金メダリストのウダ(Uda)が語った。

選手たちは160人の学生と一緒にスポーツの経験を共有しました。 @日本体育振興院/ムクオウタ

沖縄に滞在している間、ウクライナの選手たちは、日本の障害者トライアスロン選手と一緒に近くの公立学校である本部小学校を訪れ、コミュニティとコミュニケーションする機会を得ました。

彼らは160人の学生と一緒に障害者のトライアスロンへの洞察を提供し、スポーツ経験を共有しました。 今回の訪問を通じて、学生は障害者のスポーツについてもっと発見し、さまざまな背景を持つ運動選手が直面する困難を理解するユニークな機会を得ました。

日本とウクライナの選手を歓迎する学生は、パラリンピックスポーツの楽しみを発見しながら彼らの話を聞いた。

ある学校関係者は「障害者を含め、誰でも楽しむことができ、競争できるスポーツがあることを知ることができて本当に良かった」と文化交流の影響力を強調した。

多くの学生がウクライナのチームメンバーと英語で話すと同時に、手振りやAI翻訳ツールまで使って直接コミュニケーションしようとしました。 一部では「本部小学校へようこそ」など暖かい挨拶が書かれた掲示板を用意したりもしました。

ある現地学生は「言語は違ってもジェスチャー、感情表現、自動翻訳などを通じてコミュニケーションできる方法を見つけた」とし「特に自国の状況を考慮して訪問していただきありがとうございます」と話した。 」

多くの学生が手振りと翻訳ツールを使ってプレーヤーと英語でコミュニケーションしました。 @日本体育振興院/ムクオウタ

視覚障害のあるVita Oleksiukは、「彼らの笑顔とフレンドリーさを感じました」と言いました。 「日本がウクライナから遠く離れていることを考えると、気分は変です。しかし、このような巨大な支援を受けると、はるかに近い感じがします。」

彼女は地元の子供たちも同様の感情を共有しているようだと付け加え、アリサ・コルパッチ(Alisa Kolpakchy)はウクライナ語で書かれた掲示板を見て涙に耐えられなかったと付け加えました。

ウクライナの障害者トライアスロン選手たちは、2024年パリパラリンピック出場権の確保を目指しています。 彼らが直面する困難にもかかわらず、彼らは国際的な舞台で頭角を表し、回復力と献身を通して他の人々にインスピレーションを与えることにしました。

3月1日、沖縄で29回目の誕生日を迎えたVita Oleksiukは「これが私にとって意味のある誕生日プレゼントだと思う」と話した。 「このキャンプは私の心の中で特別な席を占めています。」

READ  飛行機でマスクレス? ありがとうございます。 多くのアジア人がCovid-19について心配していると言います。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours