経済

ウズベキスタン、2050年までに世界的なカーボンニュートラルの競争に参加

HONG KONG-ウズベキスタンは2050年までにカーボンニュートラルのためのグローバルな競争に参加するための最も最近の国になります。 中央アジア共和国は、欧州復興開発銀行やEBRDと協力して信頼性を大幅に下げるという意思を明らかにする予定です。 熱エネルギー源に。

ウズベキスタンは、化石燃料の排出削減目標を公に公約した数少ないアジアの発展途上国のいずれかになります。 この地域の先進国の中で日本、韓国、香港は2050年までに目標を達成すると言いました。 中国目標年度は2060年であり、シンガポールの約束は、同年が、排出量を半分に減らしています。 2030年になるでしょう。

ウズベキスタンは、旧ソ連の中央アジア諸国のいずれかであった隣人カザフスタンを10年早めることです。 カザフスタンの大統領カシム – ジョーマートカードエフは、12月に彼の国家目標を宣言した。

EBRDとウズベキスタン政府は、月​​曜日、2050年までにカーボンニュートラルを達成するための長期的な協力に関する覚書に署名する予定です。

MOUは、両当事者がエネルギー部門を徐々に脱炭消化する中央アジア諸国の戦略を推進するという公開的な約束で行動するものとNikkeiは学んだ。 具体的な財務目標は明示されていないが、EBRDは、大規模な再生可能発電所の開発、近代的な電力網の導入、ガス生成能力の回復、古い熱電気設備の廃棄などの財政支援と技術支援を提供することです。

ウズベキスタン政府は、1991年に独立で2016年に死亡しまで国を導いた元大統領イスラム・カリモフ(Islam Karimov)が死亡した後、閉鎖された中央計画経済から、より開放的で市場志向型の経済に移行しました。

ウズベキスタンは1992年からEBRD加盟国だったが、東欧諸国が市場志向経済への移行を支援することを主な任務とする銀行は、2010年までに、以前のウズベキスタンの指導部との関係を事実上断絶しました。

Shavkat Mirziyoyev大統領の新しい政権が執権しEBRDは、2017年に戻って新たな融資に署名し、国首都タシケントに駐在員事務所を再開しました。

ウズベキスタンはアジア唯一の二重内陸国であり、住民は海や海に到達するためには、少なくとも二つの異なる国を渡らなければします。 この国の人口は約3300万人で、旧ソ連中央アジア5つ共和国の中で最も多いが、カリモフ下で開発し、基本的なインフラストラクチャのアップグレードの観点から地元のライバルカザフスタンより遅れた。

この地域では、再参加した後、EBRDはウズベキスタンの努力を集中しており、92個のプロジェクトに20億ユーロ(24億2000万ドル)以上を投資しました。 銀行の公式ウェブサイトによると、強調の一つは、エネルギーであり、総価値が約10億ドルに達する11のプロジェクトがすべて異なる開発段階にあるとします。

EBRDの支援でウズベキスタンのエネルギー部、5月、低炭素エネルギー戦略を宣言しました。 国は太陽光、水力、風力、原子力を含む低炭素排出量の電源開発を強調することを決定しました。 中央アジアには現在の原子力発電所がありません。

国はまた、2030年までに火力発電への依存度を50%に減らす目標を設定しました。 現在のエネルギー需要の80%以上を熱源に依存しています。

昨年1月、日本の国際協力団(JICA)と東京電力庁(Tokyo Electric Power Services)が共同で発表した報告書によると、中央アジア諸国は、火力発電所に大きく依存しているが、ほとんどはソビエト時代に稼働され、一部は1950年代半ばから運営されています。

これらの工場の平均効率は約30%であるため、交換が政策課題でした。 非炭素資源への移行は、グローバルな傾向を考慮すると、論理決定のようです。

EBRDの初代副社長であるJurgen Rigterinkは木曜日の日経にウズベキスタンの脱炭消化プロジェクトは、銀行の第二の最大株主である「日本政府の支援を受けている」と述べた。 東京は、銀行の様々なプロジェクトのための技術サポートの積極的なドナーでした。

EBRDの要求に応じて、日本政府は、中央アジア諸国を低炭素未来へ導くロードマップを作成することを約束しました。

記載ポリシーに東京はウズベキスタンの両者経済支援を主に交通、エネルギー分野に重点を置いた経済インフラの更新や開発に重点を置きます。

これは発展途上国に「高品質のインフラ」を提供しようとする日本の大規模な対外援助戦略と一致します。 明確に言及されてはいないが、この戦略は、一対一での取り組みを通じて、中国が経済と政治的影響力の面で先行している中央アジア、その他の発展途上国では、中国が振り回すの影響への対応策として広く認識されています。

政府の9%の所有権と、様々なプロジェクトに参加のほか、EBRDは、日本の投資家を活用して、投資資金を調達します。 金曜日に銀行は、日本の郵便局の保険が全額加入したオーストラリアドル2億8000万ドル(約1億6800万ドル)の緑の転換社債を発行しました。 1.2%のクーポンが10年債の収益は、脱炭消化およびその他のプロジェクトに使用されます。

READ  ★今日の[서프라이즈 결산]速報(11月05日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close