理科

ウルトラマンvsオーガ:英雄、悪役が登場する列車

MATSUYAMA-Shikoku Railway Co. (JR Shikoku)はライダーの数を高めるために、日本のスーパーヒーローウルトラマンと恐ろしいオーガ画像に包装された列車を運行する予定です。

新たに設計された列車は、7月から日本西部四国島のJR尿道線よサンソン区間で運行されます。

デザインの一つは、巨大な歯と充血した目を持つオーガを特徴とします。 逆に転がり入ると乗客を驚かせるような光景です。

JR四国は、日本で唯一の四国四国の愛媛県キーフォーク村と協力してよサンソンで7月4日から約2年間、「鬼列車」を運行します。 松山駅宇和島駅、そして宇和島駅窪川駅間の要導線。



Shikoku Railway Co.から提供漢写真は「Ogre train」のデザインを示しています。

明るい色のデザインの中心は、町のオーガベースのコミュニティ開発プロジェクトの象徴であるのでオマールという名前の目を引く赤いオーガです。 拡張現実技術を活用して、車両の内部の乗り心地を向上させ、乗客は、スマートフォンアプリを介して仮想ので王丸で観光案内を受けることができます。 ユーザーはオーガ横からの写真を撮ることができます。

一方、様々なキャラクターが登場する「海洋堂ホビートレイン」新型「ウルトラトレイン」は、今年7月22日から2022年5月までに窪川駅宇和島駅の間の要導線で運行される予定である。 最初のUltramanとUltraman Tigaを含む長年のSFヒーローフランチャイズの様々な段階で出てきた16人のUltramanキャラクターイメージが含まれます。 この列車は、2022年5月30日まで海洋堂ホビーミュージアム四万十川で開かれる「海洋堂ウルトラマンフィギュア展」を促進する予定です。

KiHa 32シリーズシングル車の列車は、二つの新しいデザインの両方に使用されています。 JR四国の関係者は、「車体を包んだ車体が目を引くが、幽霊列車では拡張現実も使用されて、実際に列車に乗っながら、この機能を楽しむことができる。人が尿酸に慣れることができることを願う」と述べた。 そして、Yodoは、これらの取り組みを通じて線を引きました。 ”

(日本ソース:松山局博之山中)

READ  NASAはBidenチームがMoonshotプログラムを検討することにより、月着陸船の賞を延期します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close