エアバスが日本にテックハブを開設

1 min read

航空機メーカーのエアバス(Airbus)が日本に技術ハブを開設すると発表した。 この発表は、5月23日にパリで開催されたViva Technology 2024展で行われました。 Airbus Tech Hubは、新素材の開発、脱炭素化技術、ロボット工学、自動化など、3つの重要な研究分野に焦点を当てます。

東京で調整し、日本とフランス政府の支援を通じて可能になったAirbusは、新しいハブが航空宇宙分野の研究、技術、革新を発展させ、次世代航空機を準備するための境界を広げるための国家内パートナーシップの開発に役立つなると言いました。 「エアバスは日本を将来のパートナーシップの重要な国として見ています。 Airbus Tech Hubの発足は、Airbusの最高技術責任者(CTO)であるSabine Klaukeによって語られました。

「日本にAirbus Tech Hubが設立されたことを歓迎します。 日本の技術をもとに航空産業の脱炭素化など社会的問題解決のために共に協力して国際社会に貢献することができ、これに日本エアバステックハブが重要な役割を果たすことを期待する」と話した。 、ジュフランス日本大使館工事副次長。

新しいセンターは、エアバスの最初の国際ハブではありません。 今年初め、航空機メーカーはすでにシンガポールとオランダで同様の計画を立てています。 さまざまなAirbusテクノロジーハブは、Airbusグローバル研究および技術チーム、業界リーダー、地域研究コミュニティ、産業および学界機関間の協力を促進するためのものです。

READ  Teslaが主導するEVは、シリコンを超えチップ産業の転換を主導します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours