エキスポ2024を超えて日本企業はイノベーションを通じて成長し、中国との相乗効果を追求しています · TechNode

1 min read

ソニー、富士フイルムなど日本の有名技術企業が木曜日マカオで開かれたBEYOND EXPO 2024技術会議で最新の製品とビジネスソリューションを披露し、中国との協力未来への期待を表明しました。

アジア最大規模の技術イベントの1つに公開されたのは、技術革新の遺産を続けるだけでなく、起業家やスタートアップ先に発展しようとする世界4位経済規模の最新事例です。

牧野由也日本広州総領事館は、イベントで「日本は海外スタートアップを支援するために多様な政策を施行してきており、これには研究開発に対する相当な補助金が含まれた」と話した。 Makinoによると、国内総生産(GDP)が4兆2千億ドルを超えるアジア経済では、過去数年間でベンチャーキャピタル投資が劇的に増加しました。

「過去15〜20年ほど、私たちは中国、インド、東南アジアなどの市場に押し寄せたと思います。 しかし、今や民間と公共部門の両方で日本の革新を促進するのに十分な推進力があります。 これは私たちが日本で見始めた大きなことです。」

一方、日本の多くの企業は、巨大な人口と大きな潜在力を持つ中国での立地を維持するために中国への投資を続ける方策を模索していると東京に本社を置くベンチャーキャピタルであるGlobal Brain Corporationの中国事務所代表であるJie Heが言った。 堅い。 例えば、一部の人は人口が多いため、広東 – 香港 – マカオGreater Bay Area(GBA)を事業の可能性として探していると日本香港総領事館岡田健一が語った。

以下は、日本の技術フォーラムで企業が発表した革新的な努力の一部です。 今年のビヨンドエキスポ5月22日から25日までマカオで開催されます。

ソニー は、床の形で実装されたエンターテイメントのための触覚技術を活用したプロジェクトを紹介しました。 同社のエンジニアは、経験を強調するために床にセンサーとモーターを詰めました。 砂漠と氷をエミュレートし、テーマパーク、美術館、ライブハウスのための没入型インタラクティブ体験を作成します。

ソニー(中国)リミテッドの副社長の竹中美紀氏によると、ソニーはエンターテイメントからモビリティと高齢者の看護に至るまで、中国を対象とした広範で深い研究開発計画を持っていると述べています。

富士フイルム 開いた心で会社の技術革新ストーリーを共有しました。 富士フイルム(中国)インベストメント株式会社の企業コミュニケーションディレクターであるYonghua Shiは、「日本企業は、「ビジネスパートナーとの未来を明らかにする」価値を創造するために、2014年にオープンイノベーションハブを設立したと述べた。とDaikinとの共同開発努力でした。

2020年に上海にも同様の法人を設立し、昨年は技術中心の事業開発を加速するためにReGACYイノベーショングループと協力し、中国で初めて富士フイルムイノベーションプログラムを発売しました。

東京に本社を置く化学メーカー 朝日カセイ 従来の透明樹脂では、不可能な光学特性を持つ新しい光学透明樹脂AZPを披露しました。 光学ガラスに代わる次世代素材で期待が大きい。 AZPレンズはVR(仮想現実)ヘッドセットに使用され、偏光ベースの光学折りたたみにより広い視野を提供し、よりコンパクトなヘッドセットを可能にします。 この技術はゴーストやフレアを低減し、コントラストを向上させ、複屈折現象である複屈折効果を最小限に抑え、鮮明な視野を提供します。

READ  公式リリースが近づくにつれてより強力になるGalaxy S23 Ultra
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours