エジプト、第5回アラブ – 日本経済フォーラムにおけるガザ地区に対するイスラエルの侵略が経済に与える影響を強調

1 min read

モハメド・アブバクール、日本駐在エジプト大使 – プレス写真

カイロ – 2024年7月11日: 7月9日から11日まで日本東京で開かれた第5回アラブ – 日本経済フォーラムで、エジプトはガザ地区へのイスラエルの絶え間ない侵略がもたらした経済的余波に対して照明を空になりました。

主な出席者には、アラブ連盟事務総長のアーメド・アブール門、日本外務省長官、横上川、日本経済産業部長官斎藤健、アラブ諸国の多くの大臣と代表が含まれました。 また、エジプトの日本大使であるモハメド・アブバクルがフォーラムでエジプトを代表しました。

このイベントには、アラブ圏と日本の両側の公共および民間部門が参加する経済および商業会議がありました。

ディスカッションパネルでは、エネルギー、クリーンで再生可能なエネルギー、技術移転と国産化、デジタル化、人工知能協力、気候変動の緩和などのテーマが取り上げられ、大臣会議で終わりました。

大臣会議で講演中、ムハンマド・アブバクール大使は、長期の中断後にフォーラムが再開されたことに感謝し、世界経済に大きな影響を与えた継続的な国際的および地域的危機の中で時期的に重要性を強調しました。 彼は、フォーラムがアラブ諸国と日本の間のパートナーシップを強化し発展させる触媒として役立つと強調しました。

アブバクール大使はまた、イスラエルのガザ地区侵略の反響について言及しながら、国際的な政治的ダイナミクスを超えて経済的側面をカバーする意味を強調した。 具体的には、重要な海上輸送経路である紅海の航海セキュリティに関する懸念と、世界貿易の流れに与える悪影響を強調しました。

アブバクールは、パレスチナ経済の回復力を強化するために、アラブ諸国と日本の間の継続的な協力が非常に重要であると強調した。 これは、ガザ地区におけるイスラエルの継続的な攻撃と破壊への対応であり、不可欠なインフラと生計に深刻な影響を与えました。 彼はまた、パレスチナの能力を弱める土地の没収と住居の拡大を含む西安地区におけるイスラエルの行動を非難した。

彼は日本のバランスのとれた立場、パレスチナの権利と二国家ソリューションに対する揺らぎない支持、即時の休戦を擁護した点を賞賛しました。 大使は日本のかなりの人道支援の貢献とUNRWAの運営資金を強調した。 彼は、日本の加盟地区の早期復旧イニシアチブと復興努力を支援する上での参加が重要であると強調しました。

エジプト大使はまた、エジプト政府が実施した強力で野心的な経済改革を強調した。 このような改革は、民間部門を強化し、グリーン転換を促進し、外国人直接投資を誘致し、エジプトをサプライチェーンとエネルギー移転のための地域ハブとして位置づけることを目指しています。

彼は、エジプトがヨーロッパとアラブのパートナーからかなりの投資取引を確保することに成功し、今年は前例のない国際的に認められたと述べました。 この成果は、地域と世界が直面している経済的困難を考慮すると特に注目に値します。

アブバクール大使はまた、民間部門の代表と日本企業がエジプトや他のアラブ諸国での投資の可能性と機会を探すよう奨励しました。 彼はエジプトの豊富な資源と可能性、特に若い労働力、熟練した専門家、広大な経済を強調した。 彼は、アジア、アフリカ、ヨーロッパを結ぶ重要なリングとして機能するエジプトの戦略的地理的位置を強調し、エジプト市場の深さと可能性を強調しました。

READ  バイデン大統領と岸田日本首相の会談専門
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours