経済

エジプトの国際協力省長官・日本大使、今後開発事業の議論 – 経済 – 経済

ラニアアルマーシャアップデートエジプトの国際協力部長官は、日曜日ノック正樹州、エジプト日本大使と会って、エジプトと日本の経済関係と今後の開発協力プロジェクトについて議論した。

この会議は、エジプトの開発ビジョンを実現するために、進行中のパートナーシップの進捗状況に対処するためAl-Mashatが多国間および二国間開発パートナーと一緒に開催する継続的な会議の一部として行われました。

長官によると、日本は、エジプトの開発ビジョンと持続可能な開発目標(SDGs)を達成するためのエジプトの努力を支持すると大臣は述べた。

この会議では、日本が、市民のための健康管理システムを強化する総合健康保険プロジェクトと一緒に交通部門は、特に地下鉄路線のアップグレードを目指すエジプトの戦略に貢献しようとする2021年のパートナーシップについて議論しました。

彼らはまた、最近開発協力協定、すなわちAbu Al-Rish、日本の病院の外来患者の診療所の建物を設立するために、日本政府が、エジプトに提供された1,900万ドルの補助金の価値を高める協定について議論しました。

日本政府は、エジプト胸部病院に医療機器を提供し、2億3,600万ドル規模のエネルギー支援政策協約を締結するなど、エジプトのコロナ19大流行の戦略をサポートするために、900万ドル規模の開発資金を提供した。

これは1954年に始まったエジプトと日本の間の協力のポートフォリオに照らしてみると、多くの対象部門を含んでいます。

現在、両国間の経済協力のポートフォリオは14件のプロジェクトの実行に使用される約28億ドルに達します。

短いリンク:

READ  東京証券取引所会長、コーポレートガバナンスに対する日本の進展を擁護

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close