エストニア、大阪EXPO参加決定の延期ニュース

1 min read

エストニアは早ければ2020年初め2025大阪エキスポに招待されたが、経済部はドバイエキスポが終わった後の2022年春まで決定しないと明らかにした。 それから1年が過ぎたが、依然として問題は明確ではない。

経済部の広報責任者であるLaura Laasterは、EASとKredexの共同機関が、エキスポのさまざまな経験について、過去の経験、提案された技術ソリューション、予算に関する考慮事項に基づいて決定を下したとERRに語った。

彼女は、「大阪エキスポに関して、残念ながらエキスポの主催者と協力して、すべての当事者にとってうまく機能する解決策が今まで現れていないため、現在、さまざまな参加オプションと関連する予算要件を見直している」と述べた。 。

Laasterは、2025年にエストニアのエキスポへの参加に関する決定がまもなく行われると付け加えました。

しかし政府の自制力は企業人の間で懸念を生んでいる。 5月上旬、彼らはTiit Riisalo(改革)経済部長官に驚きと心配を表明し、エキスポへの支援を求める手紙を送りました。

Saku Brewery、Estonian Chamber of Health Economy、Palmako、Skeleton Technologies、Balsnack、Mainor Business School、City of Tartuを含む24社の代表者は、EXPO参加がすべてのエストニア企業、エストニア企業にとって非常に重要だと述べた。 全体としてのイメージ、デジタル国の国際的な評判。

手紙では、両社は、日本とエストニアの経済関係を維持することが、エストニアにとって有益で重要で困難な経済状況においても、日本へのエストニアの輸出が増加したことを強調した。 2015年以降、国内スタートアップへの投資も着実に増えた。

「その間、エストニア館について表明された選択と意見は知っているが、日本文化経験のある起業家に代わって私たちの存在が棺の規模ではなく、何が最も重要なのか」と起業家たちは語った。

Riisaloは6月2日までに企業のアピールに答えなければなりません。

2020年のドバイエキスポ参加費用の約3分の1は、エストニア民間企業が負担しました。

大阪ワールドエキスポは2025年4月13日から10月13日まで開催されます。 展示面積は大阪海岸近くの夢島人工島に建設され、面積は155ヘクタールです。

ERRニュースをフォロー Facebook そして Twitter そしてアップデートを絶対にお見逃しなく!

READ  日本、沖縄の海底に眠っている国家」玉手箱」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours