スポーツ

エスペホ・サンティアゴが眠りにつきながらバグナス孤独な大分損失

大分美吉、日本Vリーグで26得点を狙うフィリピン輸入ブライアン・バグナスにも4セット敗北吸収

マニラ、フィリピン – Japan V. Leagueの全フィリピン輸入チームは、12月5日日曜日に各自の試合を中断しながら週末を少し仕上げました。

Bryan Bagunasは、Oita MiyoshiがSuntory Sunbirdsに21-25、25-25-25で敗れたOita Miyoshiの4セット敗北で11回の攻撃と3つのブロックに14のマーカーで、以前のゲームで26ポイントアウトに続いて敗北したチームの唯一の明るい点でした。 17、25-23、25-14。

同僚の輸入Emerson Rodriguezは、15の攻撃で20ポイントと5つのエースで敗北の原因を導きました。

Sunbirdsの強化Alain De Armas Berrio Jr.は、15の攻撃と2つのブロックで17のマーカーで勝利を導き、10-4で3位を獲得しました。

マークエスペホも同様に、坂井ブレイザーズが逆転を狙うFC東京(25-23、25-15、24-26、25-19)に復讐を求めながら4セット敗北を経験しました。

Vリーグオールスターは3セットに1ブロック3攻撃4得点にとどまり、普段の基準に満たなかった。

Jonas KvalenとYuma Nagatomoは、東京が4-10の記録に落ちたとき、それぞれ16個のマーカーで代わりに攻撃を行いました。

一方、Yuki Higuchiは1位を維持したBlazers側で27点を積み、Toray Arrowsと同じ11-3スレートを維持しました。

Espejoと同様に、Jaja Santiagoも埼玉アゲオメディックスがHitachi Rivale、25-23、27-25、20-25、19-で5セットハートブレーカーで3連覇を終える姿を見ながら静かに崩れました。 25、15-7。

6フィート5スターブロッカーは、埼玉が8勝6敗記録で沈没し、4ブロックと2攻撃でわずか6点に仕上げました。 Lorenne Teixeiraは25ポイントで敗北をリードし、Sato Yukaは19のマーカーを追加しました。

一方、日立選手4人は上坂涼子の勝点20点を前にして6-8で2桁の得点を成功させた。

すべてのチームは、2022年1月8日に活動が再開されるにつれて1ヶ月間休​​憩を取っています。 – Rappler.com

READ  里崎智也さんのライブ評論巨人こんにちは/広島詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close