エディ・キングストンは、日本でカズチカ・オカダとヒロシ・タナハシと交流したい。

Estimated read time 1 min read

AEWスター・エディ・キングストンが今後、いつか相手にしたい日本レスラーを列挙したが、そのうちの一人が岡田一香です。

キングストン KHTK-AMラジオ「デュース&モ」出演 そして11月のFull Gearで、日本の伝説Jun Akiyamaとのドリームマッチについて話しました。 ホストは彼に彼の頭の中に浮かぶ他の夢の試合が何であるか尋ね、答えは全く驚くべきことではなく、主に20年間最大のNJPWスターに焦点を当てました。

「ああ、多すぎる」 Kingstonが答えた。 「多すぎて列挙するには多すぎる。でも [Hiroshi] Tanahashiは一つです。 彼をグーグル。 [Kazuchika] 岡田もそうです。 彼をグーグル。 長田維持 [is] 他のもの。 日本人男性が多いのですが、何を言っているのか知っていますか? [Pro Wrestling NOAH’s] 塩崎郷、一緒にリングに登りたいです。 一般的に日本に行きたいです。

「私は2011年に大阪プロに行き、また戻りたいです。何を言っているのか知っていますか?私はそのようなスタイルのレスリングが好きです。人々は私がWWFが好きではないと言ったときに怒っていました。 [style of] レスリング。 人々はそれについて怒って、私は笑います。 私は誰のために働いていますか? もちろん、彼らは彼らが最高だと言うでしょう。」

彼は日本のレスリングがもともと模倣しなければならないと彼の目をひきつけ、メンフィスレスリングとECWが彼の他の主要な影響であると付け加えた。

キングストンは、近年、AEWや関連会社との主要な仕事や独立した現場で、いくつかの日本の伝説と交流する機会がありました。 2019年以来、彼はAEW Full Gear 2022でMasato Tanaka、Shinjiro Otani、Daisuke Sekimoto、Minuru Suzuki、Tomohiro Ishii、Naomichi Marufuji、そして最も記憶に残るJuny Akiyamaとの試合を行いました。

READ  日本のスターバックス地域のランドマークショップをユニークにするには?
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours