トップニュース

エネルギー効率の元リーダー、日本は魔法の手を失います。

TOKYO – 日本はかつてエネルギー効率で世界をリードしましたが、消費されたエネルギー単位あたりの経済生産量を見ると、英国や他のヨーロッパ諸国にはるかに遅れています。

日本は、2020年までに30年間、温室効果ガス排出量を約10%下げましたが、その減少は、主に米国とヨーロッパで行われたように、エネルギー効率の改善よりも遅い経済成長と人口減少から来ました。 再生エネルギー促進による脱炭素化と経済成長経済の低迷と政策の混乱のため、日本はそうできなかった。

READ  ブロックチェーンがアフリカを変える 

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close