経済

エネルギー安全保障は2023年のグローバル優先順位です

コメント

先週、COP27国連気候サミットにほぼ200カ国が集まったとき、日本は目立たない変化を発表しました。 ファンファールのない東京は、地元企業が海外の石油、天然ガス、鉱業プロジェクトに投資するのを助ける国営天然資源会社を「日本金属・エネルギー安全保障機構」にブランドを変更しました。

マイナーな名前変更のように聞こえるかもしれませんが、多くの国、特にアジアの優先順位がどこにあるかを示す重要な兆候です。 エネルギー安全保障が最優先事項です。

日本が2023年にG7の議長国となってグローバルな議題を形成する強力な強団になるため、日本がこのような焦点を主導していることも重要です。 日本はまだG7優先順位を発表していませんが、アジアの外交官からエネルギー安全保障が大きな問題になると聞きました。

天然資源の世界では、政策立案者は、原油から小麦、アルミニウムに至るまで、原材料の供給セキュリティを達成し、価格を低く保ち、環境を保護する方法と同時に、トリレマと交流してきました。 そのようなトリレマは、しばしば三人のうちの1人が他の人に譲歩することを意味しました。

1970年代と1980年代には、1次および2次石油危機の新鮮な記憶とともに、供給の安定性と経済性が持続可能性を上回りました。 例えば、1979年、G7諸国は、年次サミットでエネルギーコストを下げるために、「可能な限り石炭の使用を増やす」と約束しました。 トリレマのバランスは、90年代初頭に現代の環境運動の怪我とともに変化し始めました。 そして過去10年間、地球温暖化の証拠が積み重なり、気候変動が優先順位を占めました。

現在のエネルギー危機は、政府が優先順位を再評価するよう強制している。 セキュリティと経済性が復活しています。 実際、政策立案者は気候変動との戦いから後退しないと主張する。 しかし、環境がもはや絶対的な優先順位ではないことは明らかです。 せいぜい同等のものの最初です。 最悪の場合は2回目です。

METIの略語でよりよく知られている非常に強力な機構である日本の経済、貿易、産業大臣である西村康史の視点を見てください。 彼は先週、シンガポールで開かれたブルームバーグ神経制フォーラムカンファレンスで「国家は安定したエネルギー供給を保証するとともに炭素中立を達成するという目標を共有している」と説明した。 彼がどのように気候変動とエネルギー安全保障を同じレベルに置くか注意してください。

安全保障への新たな強調は、COP27が気候変動との戦いにおいて本当に重要なことである。 裕福な国々は、気候変動によって引き起こされる損失について貧しい国家に補償する第一歩を踏み出しましたが、サミットは他の場所ではほとんどありませんでした。 欧州連合(EU)は目標達成からこれ以上後退しないために退くと脅すべきだった。

多くの点で、これは驚くべきことではありません。 エネルギー危機が気候変動との戦いを妨げないという主張にもかかわらず、政府が優先順位を再検討しないことは不可能です。 OECDクラブに属している最も裕福な国々でさえ困難に直面しています。 OECDの計算によると、今年は国内総生産の17.7%をエネルギーに費やすでしょう。

幸いなことに、今日のエネルギートリレマは、1979年のG7政策立案者たちが逆説的にも、東京首脳会談で解決策として石炭を選んだときに気づいたほど難しくありません。 40年後、再生可能エネルギーは地球を保護し、セキュリティを向上させることを可能にします。

今年、ウラジミール・プーチンがヨーロッパへのガス供給を無機化したときに示されているように、化石燃料は緑色エネルギーよりも良い安全を提供しません。 G7は、より多くの風力と太陽光発電を推進し、サプライチェーンを改善し、研究開発への支出を増やし、プロジェクト承認を迅速に処理する必要があります。 1つの家、1つのソーラーパネルが目標でなければなりません。 原子力はまた、環境と安全を一つにまとめる優れたツールです。

そして、日本がエネルギートリレマを解決するためにできる最大の貢献は、需要を下げることに集中することです。 最高のエネルギー源は消費されないエネルギーです。

過去には、政策立案者は需要が増え続けているにもかかわらず、供給を制限することによって気候変動の問題を解決しようと誤って試みた。 その結果、世界経済は新しい石油とガスの供給への投資が不足しており、価格は予想より高く維持される可能性が高くなります。 解決策は需要を下げ、迅速に作業することです。

もちろん、馬よりも簡単です。 現在、化石燃料の需要は増加しており、石油、ガス、石炭は2023年に新しい消費記録を立てる可能性が高いです。 そうなる限り、世界は間違った方向に向かっています。

しかし、日本は異なる長さがあることを示すことができます。 1979年には1日に550万バレルの原油を消費しました。 今年は340万個しか要求しません。 それはトリレマを解決するためのステップですが、他の場所でそれを複製するには、暖房から運転に至るまで、すべてを電気化するのに膨大な費用がかかる努力が必要です。 G7はもう一度飛躍しなければならない。

ブルームバーグのコメントでもっと見る:

• プーチン、原油生産量引き上げで制裁を無視: ハビエル・ブラス

•カタールで開催されるGamblingのグローバルカミングアウトパーティー:Lionel Laurent

•ウクライナの戦争が長期化するにつれて、POWに対するさらなる残酷さの予想:Leonid Bershidsky

このコラムは、編集委員会、Bloomberg LP、および所有者の意見を必ずしも反映しているわけではありません。

Javier Blas はエネルギーと原材料を扱う Bloomberg Opinion コラムニストです。 ブルームバーグニュースの元記者であり、ファイナンシャルタイムズの商品編集長である彼は、「販売のための世界:お金、権力、地球の資源を交換するトレーダーたち」の共著者です。

このようなより多くの物語は で見ることができます。 bloomberg.com/コメント

READ  金利引き上げがコースを維持しているように見え、株式の下落、収益率の上昇

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close