トップニュース

エバーグランデ危機、日本のトイレ・エアコン・塗料メーカー強打

2021年9月17日、中国広東省深センのEvergrande本社の外のセキュリティ要員が警備している。 REUTERS / David Kirton / Files

東京、9月21日(ロイター) – 中国のエバーグランデ(3333.HK)がトイレメーカーのトート(5332.T)と中国の不動産の追加鈍化に脆弱と思われる他の日本企業の負債が山のように不渡りを出すことができという懸念の開発。

トトは、投資家が今週後半に借金返済を見逃すことができると懸念しているエバーグランデへの暴露のリスクが検出され、火曜日6.1%下落して、木曜日以降の下げ幅を14.8%に増加しました。

Morgan StanleyのアナリストであるArisa Katsuyamaは “ビジネスの規模が、私たちに示唆しているように、主要な現地開発会社China Evergrande Groupの資金の流れに対する懸念が高まっており、広く報告されています。TOTOの主要顧客の一つである可能性が非常に高いです。」と言いました。

彼女は「中国エバーグランデだけでなく、中国の不動産会社の年初債務​​不履行は規制強化にすでに過去10年間の累積値を超過した」とし、投資家はトートが持つことができる危険を念頭に置かなければならないと付け加えた。 ローン損失引当金を予約するために。

中国は昨年、トート利益の約30%を占めたが、会社のスポークスマンは、エバーグランデと取引するかどうかを含め、具体的な取引については言及できないと述べた。

中国の住宅建設業者と建設業者の他の潜在的な供給業者も工房に巻き込まれ、エアコンメーカーDaikin(6367.T)は、4.7%の損失を被った。

過去の会計年度にDaikinエアコン販売のほぼ4分の1が中国で出てきたが、これ前年度の13〜16%と比較されます。

中国が断然最大の市場である塗料メーカーNippon Paint Holding(4612.T)は7.5%下落した。

中国建設ブームで、長く恩恵を受けてきた建設機械メーカーも困難を経験しました。 Komatsu(6301.T)は5.4%、Hitachi Construction Machinery(6305.T)は、5.5%下落しました。

投資家はまた、アリババと他の中国の技術会社の大きな投資家であるSoftBank Group(9984.T)を中国政府が引き続き制御することを恐れて車をしまいました。

ソフトバンクグループの株価は月曜日、米国上場アリババ株価が2年ぶりに最低値を記録し、5.0%下落した。

松井証券のトモイチロー久保田選任戦略家、中国の景気後退がより明らかになると被害がより多くの企業に広がることができると述べた。

「中国当局が中国国民の支持を受けたと思われる贅沢の明示的な取り締まりをしているようだ。高価な住宅価格が庶民に悪く思われた、日本のポストバブル時代とどの程度似ている」と述べた。

多くの日本企業が中国の需要に依存しているのに対し、日本の機関投資家は、中国の資産の露出が比較的限定です。

日本最大の投資家である国策年金投資ファンド(GPIF)は、3月の基準エバーグランデに96億7300万円(8831万ドル)を186兆1000億円(1兆7000億ドル)のうち債券59億円、株式37億円にさらさせた。 資産。

($ 1 = 109.53円)

佐野秀行、北村シンジ編集ロバートボセル編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本、東京・大阪地区での第3次ウイルス緊急発令| 世界のニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close