世界

エベレスト:中国、鼻ビーズ恐怖のエベレスト頂上会談で「分離の線」を作る

ネパールの側のエベレストベースキャンプは、4月末からコロナウイルスの例として打撃を受けた。 観光収入が不足しているネパールの政府は、春登山シーズンをまだキャンセルしていません。 通常モンスーン雨が降り前の4月から6月初めまでです。

食卓だけの大きさの小型危険であり、急峻な地域であるサミットで線がどのように実施されるか、すぐに明らかではないでした。

新華社通信は、チベットのスポーツ局長を引用して、小規模のチベット登山ガイドチームがエベレストを登る頂上から登山家たちの間での接触を防ぐために首脳会談に「分離線」を設定することを報告した。

中国籍21人のチベット側サミットに向かっていると新華社通信が報じた。

国営通信社は、チベットのガイドが到着する前に、分離線を設定すると伝えた。

チベットガイドが「分離」を強要する人なのか、または酸素不足で多くの命を失った、いわゆる死の地帯に残って行をキャッチするかも不明でした。

8,848メートル(29,032フィート)のピークの頂上は、一度に6人の登山家とガイドのためのスペースがほとんどない小さな目の山です。

中国は、感染の懸念のため、昨年コロナ19発症後、外国人登山家がチベット側に上昇することを可能にしていない。

チベットのエベレスト観光地の観光客も、チベット側のベースキャンプを訪問することを禁止されます。

日曜日、中国本土は5月8日12個の新しいコロナ19事例を見てましたが、このすべては、海外からの到着の旅行者と関連して、一日前の7件から増加した。 ネパールは金曜日に9,023件の新しい事例を見ており、これは、日中で最も多く増加した数値です。

READ  ナイジェリア、大統領のツイート削除した後、Twitter禁止

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close