経済

エメラルドオイル、日本に営業事務所を設立

ほとんど忘れられた「スポンドン」米ぬか油の製造業者であるEmerald Oil Industries Limitedは、最近、料理品の輸出のための道を開くために日本に販売センターを設立しました。

日本は、健康的な食用油の需要が高いため、同社が大規模な市場の一部をつかむことを望んでいると会社の上級関係者は言った。

Emerald Oil IndustriesのマネージングディレクターであるMd Afzal Hossain氏は、Business Standardに「米鋼油は日本で需要があります。

彼は「現在、私たちのオイルは現地市場で販売されている。まだ輸出を始めていない。いくつかの問題がある。これを解決した後、輸出を始める」と米ぬか油工場の運営に苦労していると付け加えた。 継続的なガス危機のおかげで24時間を通して。

上級管理者はまた、現在生産ラインを稼働し続けるために液化石油ガス(LPG)を使用していると付け加えました。

上場企業は、日本の農業会社Minori Co Limitedの子会社であるMinori Bangladesh Limitedの新たな投資のおかげで、4年ぶりに生産を再開しました。

今年1月に成功した試運転に続き、本格的な商業生産を再開した。

2008年に設立されたエメラルドオイルは、2011年に「スポンドン」米ぬか油の初期生産を開始し、2014年に市場に参入しました。

額面が10,000,000ウォンの一般株式2,000,000ウォンを発行し、2,000万Tkを調達しました。 しかし、数年ぶりに創業者の融資詐欺が展開されるやいなや事業と株式市場の両方が溶け出した。

エメラルドオイルは、2015-16年度にTk18.07 croreの利益を生み出し、株主に10%の株式配当を支払いました。

高証券取引所(DSE)資料によると、同社の火曜日の株価は36.80Tkだった。 本格的な生産に入った後、株価は6月26日最高が45.5Tk上昇した。

READ  英国電力会社ドラックス(Drax)、アジアでバイオマス販売推進に日本進出

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close