エルサレム、2ラウンドKO勝利でチャンピオンを破って日本で世界タイトルを獲得

Estimated read time 1 min read

マニラ、フィリピン – メルビンエルサレムは、金曜日の夜、日本の大阪のエディオンアリーナで開催された世界ボクシング機構(WBO)の最小体級タイトルリストになるために谷口正隆を2ラウンドのKOに破り、フィリピンのボクシングに今年の活気のあるスタートをプレゼントしました。

エルサレムはすぐにジャブを飛ばした後、谷口の顔に同じ高さで着地した正確な右直線でホームファイターを2ラウンドで2分以上残して彼の背中を下げました。

ディフェンディングチャンピオンは必須の8カウントに勝つことを試みたが、足が不安定になったので、審判Robert Ramirez Jr.が試合を中止した。

したがって、28歳のエルサレムは2番目のフレームの1:04に公式の中断時間を記録し、新しいWBO 100ポンドチャンピオンに選ばれました。

東京に拠点を置く谷口は、スリルあふれる勝利後、12ノックアウトでリング記録を20-2に向上させたエルサレムに飛び込む前に、一度ベルトを守った。

浮上するフィリピンプロモーターJC MananquilのSanman Promotionsが担当するジェネラルサントスシティに基づくファイターの勝利で、フィリピンは主要ボクシングの世界タイトルの唯一の保有者になりました。

Sanmanが推進した別の選手であるDave Apolinarioは、マイナーインターナショナルボクシング組織フライ級ストラップを所有しています。

READ  ドラゴンズはセントラルリーグがインターリーグを迅速に開始するのに役立ちます。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours