トップニュース

オく、卓上サイズの真空管とトランジスタのヘッドフォンアンプとDAC – AV Watch

ハイブリッドヘッドフォンアンプ「AT-BHA100」(右)とD / Aコンバーター「AT-DAC100」(左)

オーディオテクニカは、真空管とパワートランジスタのハイブリッドヘッドフォンアンプ「AT-BHA100」とD / Aコンバーター「AT-DAC100」を23日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「AT-BHA100 “が120,000円前後、「AT-DAC100」が85,000円前後。

デスクトップで使用できるコンパクトサイズながら、DSDなどの高品位フォーマットに対応。 バランス接続可能 “ATH-ADX5000」や「ATH-AW」シリーズ、「ATH-MSR7b」とHi-Fiヘッドフォンと”最高のマッチングに楽しむことができる」である。

ヘッドフォンアンプ「AT-BHA100 “

真空管とパワートランジスタのハイブリッド仕様ヘッドフォンアンプ。 「しか味わえない独特の音響特性の高解像度音源のリアルな空間表現と高い没入感を生み出す」である。

合計4本の真空管が使用されて

真空管は、品質の良さと信頼性に定評のあるJJ ELECTRONICスロバキア製「ECC83S」を採択した。アンプ回路の独立性にこだわった回路に、合計4つの真空管が使用されている。音が立ち上がるとき、自然で豊かな倍音成分を含まれているため、サウンドに奥行きと臨場感をもたらすこと。

コンパクトなサイズながら、強い推進力を持つパワートランジスタを採用。 ハイサンプリング音源をワイドレンジ、空気感までも表現する。 取り外しと解像感を最大化するために、左右のアンプ回路とのバランスのホットコールドアンプ回路をそれぞれ分離させた4つの独立したアンプ回路構造になっている。 オペアンプNJRの「MUSES8820」

体の後ろ

バランス接続端子は4.4mmとXLR-4pinの2系統を備えてさまざまなヘッドホンに対応。 6.3mmステレオ標準端子も2系統備え、他のインピーダンスのヘッドフォン2つを同時に駆動することができる。 各ボリュームも別のボリュームつまみで調整可能。

D / Aコンバーター「AT-DAC100 “

768kHz / 32bitのリニアPCMとDSD 22.4MHzに対応するD / Aコンバーター。 コアは、AKM製「AK4452VN」を搭載し、高いS / Nと低歪みを実現したという。

真空管アンプと一緒に使用すると、D / Aコンバーターの高周波ノイズが真空管に影響を与え、アンプのノイズ性能が低下しやすいという特性があるが、「AT-DAC100」は、自分のチューニングにより高周波ノイズの損失を抑制、高解像度音源が本来持つ高品質の再生を可能にした、特にこの日の発売の「AT-BHA100」との組み合わせに最適とのこと。

電源は歪み特性に優れたアナログ・デバイセズ社の高品位電源を搭載。 電源を安定化させることで、D / Aコンバーター本来の性能を引き出し、さまざまなフォーマットの高品質音源を正確に再生する。 オペアンプはTI製品「LME49860」

体の裏面

入力はUSB入力2系統(USB Type-C / USB Type-B)とデジタル入力2系統(光/同軸)を備えたさまざまな機器と直接接続することができます。

READ  ヨドバシカメラPS5予約抽選申し込み今日9月23日10時まで - GAME Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close