エンターテインメント

オスカー、人気に驚いた「ドライブマイカ」監督

TOKYO(AP) – 日本監督の龍月浜口氏は、オスカー賞を受賞した彼の映画「Drive My Car」の国際的な人気に驚いたと語った。

映画はChekhovの「Uncle Vanya」の多言語制作を監督するHidetoshi Nishijimaが演じた俳優を中心にしています。 妻の突然の死をまだ悲しんでいる俳優Kafukuは、リハーサルで出演陣を率いる。 リハーサルでは、俳優たちが座って演技をする前に数日間言語を飲み込んで座り、セリフを平らに読みました。

悲しみ、つながり、回復の3時間の長さの物語は、先月、アカデミーの最優秀国際長編映画賞を受賞しました。

浜口は火曜日、東京で開かれた記者会見で「事実、この映画がどれほど広く受け入れられたのか驚いた」と話した。

浜口は人気を村上物語の普遍性のためだと言いながら俳優たちは「村上春樹の世界観を具現することが彼らにとって非常に難しい作業だったと確信しているが、非常に説得力のある方法で画面にそれを入れた」と話しました。

「村上春樹さんが小説でやってきたような一種の希望を見せようとしました。だからこそ、このキャラクターがもう大丈夫だと感じることができます。完全に回復しました」と浜口氏は言いました。

浜口は、物語に登場する人物たちの「内面の現実」が村上の物語を映像に変える魅力であり難しいと言いました。

浜口氏は、「内面の現実を描くのは…映画がうまくいかないものだ」と語った。 だから彼は元の物語の文字言語を追跡しないことにしました。 彼は「ストーリーが魅力的であるほど、読者の頭の中にすでに形成されたイメージを視覚的に飛び越えにくい」と話した。

ハマグチは、物語の中核、つまり地すべりで母親を失ったカフクと彼のはるかに若いドライバーミサキとの関係を可視化することを決めたと語った。 映画でいくつかのカラフルなアイテム。

この映画は、村上とチェクホフの内面の世界を融合させ、その類似点を反映しているとHamaguchiは語った。

カフクとミサキの会話は「バーニャおじさん」のバーニャとソニャの会話と対照され、公演中にカフクがバニャ役を務めながら回復に向けた自分の心を悟るようになる。

Hamaguchiは、「それで、「Drive My Car」と「Uncle Vanya」がお互いを翻訳したかのように素晴らしく絡み合っていることに気づきました。」と言いました。

浜口はオスカー授賞式で村上に感謝の挨拶を伝えたかったが、俳優たちの長い名簿を発表した後、「ありがとう」という言葉が演説の終わりに誤解を受けて機会を逃したと話した。

「それでも村上さんとスタッフたちに感謝したいと言いたかったです。

昨年公開されたアンソロジー「運と幻のワゴン」をはじめとする浜口監督の映画は好評を受けたが、昨年カーン映画祭で脚本賞を受けるまでハリウッドではあまり知られていない「ドライブマイカー」として注目された。

浜口氏は、国際観客が今アジアを興味深い映画の源として見ており、同僚の映画制作者が「観客の心を突き抜けて」彼らの期待に応えることができる映画を作ることができることを願っていると述べました。

次期作の目標は? 浜口氏は、「以前よりも少し良いことを作ったと言いたいです」と言いました。

READ  オークション記録を目指すハリウッド黄金期のヴァイオリン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close