オスカー候補に上がった日本映画「ドライブマイカ」、4月1日インドでデジタル公開

1 min read

日本映画監督の浜口龍介の「ドライブマイカ」が4月1日からインドMUBIで独占上映される。 西島秀俊と三浦智子が主演を務め、浜口が脚本を務めた。

村上春樹の断片を脚色した「ドライブマイカ」は「愛、喪失、受け入れ、平和の道を旅する忘れられないロードムービー」と描かれています。

この映画は、有名な舞台俳優であり監督である加福優介(西島)が妻の予想外の死後2年後、広島で開かれた演劇祭でバニャおじさんの制作提案を受ける過程に従います。 そこで彼は、祭りで自分が愛する赤いSaab 900を運転してきた無言の若い女性、Misaki Watari(Miura)に会います。

「ドライブマイカ」は、2021カンヌ映画祭の競争部門で世界初演され、脚本賞を受賞しました。 その後、第94回アカデミー授賞式で日本の公式国際長編映画賞候補に選定され、作品賞、監督賞、各色賞など3部門に候補に上がった。

この映画は監督、英語ではなく映画、脚色された脚本など3つのBAFTA映画賞候補にも上がりました。

[With Inputs From PTI]

READ  2022ミスインターナショナルジャスミンセルバーグは誰ですか?
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours