オスカー賞を受賞した日本監督は、中国とのさらなる協力を望んでいます。

Estimated read time 1 min read





日本映画監督の滝田洋次郎が2023年10月30日、北京でメディアとインタビューしている。 (刑務所通信)

最近の作品を中国を背景にして現地で制作したオスカー賞受賞日本映画監督の滝田洋次郎(Yojiro Takita)は、巨大な市場で中国映画製作者たちとより緊密な協力を通じて日本映画産業が利益を得ることができると述べた。

2008年映画「出発」(奥里)でアカデミー外国語映画賞を受賞した滝田は、2018年中国雲南省で撮影された新しい映画「演技の沈黙」の10月北京試写会に参加した。 コロナ19事態以後11月初め、国内に発売された。

製菓職人として働く父と息子の話を描いたこの映画には、中国俳優チャンギョリ(Zhang Guoli)とハンギョン(Han Geng)が主演を引き受けた。 滝田は製作スタッフのうちわずか8人の日本人の一人でした。

滝田は、中国製作者が中国家族に関する映画を作るために日本監督を探すことに「興味深かった」と、初期の期待とは異なり、中国と日本の人々が「同じ考え方」を持っているという感じを持つようになったと話した。

監督は、日本長官が故人の葬儀を準備する話を手掛けた受賞作が、現地の観客に大きな反響を呼んだ作品で、中国製作者たちがこの映画プロジェクトに参加してもらうよう要請したと話した。

ファンデミックの中で2021年に中国で公開された「出発」は興行に成功しました。 武田は公衆衛生危機の間、多くの中国人が「死に近づいた」と感じたので成功したかもしれないと述べた。

監督は、「(現地の環境で)内面を深く探索するほど、世界の他の地域の観客とより多くの接続が可能であると信じている」と述べた。

しかし、外国で映画を撮影する時、相互理解は当然と受け入れられない。 彼は、「自分の理解を深めるために、自分のスタイルを維持し(その国のスタッフと)衝突することが重要だ」と述べた。

新映画の公開は、福島第一原発の処理された放射性水を海に放流する問題をめぐって中日関係が依然として緊張している時期に行われたが、滝田はこの紛争により中国観客が自分の映画を楽しむことを妨げるされないことを願っている。

タキタ監督は、急速な成長で米国市場と戦う中国映画市場の魅力に触れながら、多くの日本映画人、特に若い映画人が中国に来て、新しい機会を探してほしいと言った。

彼は2つの近隣諸国間のさらなる協力が「アジア映画界全体に新しい波を引き起こす可能性がある」と述べた。 彼の新しい映画の日本と他の地域の公開日はまだ決まっていません。

READ  Pokémon TCG Japan: Paradigm Trigger プレビュー: Skunktank Alt Art
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours