オスプリの墜落後、日本近隣で墜落した空軍7人の位置が不明

Estimated read time 1 min read

CV-22 オスプリ航空機が水曜日日本海岸に墜落した空軍将兵を救出するための大々的な捜索及び救助努力が進行される中、金曜日米軍7人が行方不明のまま。

空軍は金曜日の朝の報道資料を通じて、8人の乗組員のうち1人の有害が回収されたことを確認しました。 軍は残りの空軍将兵を「DUSTWUN」状態、すなわち「労働状態 – 材料不明」状態と宣言しました。

いくつかの軍と民間の捜索救助隊が訓練任務中、チルトロッターオスプリが墜落した日本屋島島周辺の海と海岸線を捜索していると空軍が明らかにした。 事故の原因はまだ知られていません。

撃墜された乗務員は東京近隣の横田空軍基地にある米空軍第353特殊作戦飛行団に配置された。 ウィングの第21特殊作戦飛行隊は長距離輸送および普及航空機であるOspreyを操縦し、太平洋周辺の緊急空手および災害対応任務を遂行します。

米国国防総省の広報担当サブリーナ・シン氏は、金曜日の声明で飛行隊が飛行作戦を中断したことを確認した。

第353特殊作戦飛行団隊員は、米陸軍、空軍、海軍、海兵隊全域の他の太平洋基盤部隊と日本軍、海岸警備隊、地域漁師を含む民間ボランティアたちと同僚部隊員の捜索を支援しています。 。

現場の写真を見ると、オスプリから出たと推定される残骸が表面に現れたが、沈んだ難破船は依然として行方不明の状態です。 日本の沿岸警備隊は、木曜日から海底約100フィート下に落ちる可能性がある壊れた航空機を見つけるために、水中音波検出器を使用し始めました。

空軍特殊作戦司令部は金曜日「私たち空軍の位置を見つけるのを助けてくれたすべての部隊と日本のパートナーに心から感謝します」と話しました。

横田空軍基地には 緊急支援センターを開設しました Ospreyにあった空軍将兵家族との衝突によって影響を受けた施設の他の人々を支えるため。

今回の事故は、過去30年間、世界中で数十人の兵士が負傷したり死亡した米国所有のオスプリ航空機に関連した最新の致命的な事件だ。

水曜日の事故を含む4件の致命的なOsprey衝突事故で、過去2年間に少なくとも13人の米軍が命を落としました。

これは2010年以降、空軍が所有するCV-22に関連する最初の致命的な事故です。 これは、WC-130気象偵察機の墜落で、プエルトリコ空軍の防衛軍の兵力9人が死亡した2018年以降、空軍の最も致命的な事故になる可能性があります。

今回の墜落は去る11月10日、地中海東部でMH-60ブラックホークヘリコプター墜落で5人の兵士が死亡した後、11月米国の2番目の致命的な特殊作戦任務でもある。

日本政府の広報担当者は、金曜日の米軍が重複した要請にもかかわらず、致命的な墜落事故に関する適切な情報を提供せずに、日本でオスフリーを飛行しているという懸念を表明しました。

松野弘和官房長官は金曜日「私たちの重ねられた要請にもかかわらず、米軍の安全に関する十分な説明がないオスフリー飛行を続けることについて懸念している」と話した。

日本の管理者は、米軍に捜索作戦に参加している人を除いて、日本でオスフリー飛行を中断するよう要請したと述べた。

米国防総省は、木曜日、アメリカのオスフリーが日本でずっと作戦を繰り広げていると明らかにした。

彼女は金曜日の声明で、「日本のすべてのV-22 Ospreyは、徹底したメンテナンスと安全点検の後にのみ機能します」と述べました。 「私たちはすでに日本のパートナーと事故に関する情報を共有し始め、時期的かつ透明な方法で共有を続けることを約束しています。」

海兵隊のスポークスマン、アリッサ・マイヤーズ(Alyssa Myers)大尉は、木曜日のミリタリー・タイムズ(Military Times)に「MV-22をどこにも着陸させる計画はない」と述べた。

木原みのる防衛賞はこの日午後、リキロップ駐日米軍司令官に会い、航空機の安全が確認された後にのみ飛行を許可してもらうことを繰り返し要請したと明らかにした。 彼は「接地」や「停止」という言葉を具体的に使用しなかったことを認めました。

Kiharaは、Ruppに墜落事故に対応し、日本でOsprey便にどのような措置が講じられているかを説明するよう依頼したと述べた。

上川洋子日本外務相は同日、このマニュアル週日米国大使に会い、「日本側に迅速に情報を提供してくれること」を米国側に要請した。

米空軍特殊作戦司令部は、墜落したCV-22Bオスプリ(Osprey)が駐日米軍本拠地である横田空軍基地と日本との合同作戦に注力する第5空軍組織に配置された6台の一つだと明らかにした。

ハイブリッド航空機はヘリコプターのように離着陸しますが、飛行中にプロペラを前方に回転させ、飛行機のようにはるかに速く巡航することができます。

同航空機は日本の山口県岩国米海兵隊飛行場から離陸し、日本沖縄島ガーデナ空軍基地に行っている間に墜落したと日本の管理者が明らかにしました。

航空機はレーダーによって失われる約5分前に屋久島空港に緊急着陸を要求したとNHK公共テレビや他のメディアが報じた。 韓屋島住民は、NHKに航空機がひっくり返され、エンジンの1つで火がついた後、爆発が起きて海に落ちることを目撃したと述べた。

合計44台のオスフリーが日本内の米軍および日本軍基地に配置されました。 日本駐在米軍5万人のうち約半数が駐留している沖縄で、デニ玉木知事は日本国防部と外務省に捜索作戦を含め、日本内のすべてのオスフリー飛行を中断することを米軍に要請するよう求めた。

玉木は木曜日の声明で「オスフリーがまだ沖縄で飛行しているのは非常に残念だ」と話した。 「私は、捜索や救助作業においても、Ospreyの安全性について深刻な疑問を抱いています。」

2022年、空軍特殊作戦司令部は、Ospreyクラッチが滑り、ローターに不均一な動力分配をもたらす連続安全事故が発生した後、Osprey艦隊の一時停止を命じました。

海兵隊と海軍も同様のクラッチスリップを報告し、各軍は航空機の問題を解決するよう努めました。 しかし、クラッチの故障は、2022年に5人が死亡した米国海兵隊オスプリの衝突事故でも言及されました。

この衝突調査によると、「デュアルハードクラッチ係合」によりエンジン故障が発生したことが示された。

これとは別に、23人の海兵隊が搭乗した米海兵隊オスプリが8月にオーストラリア北部島に墜落し、海兵隊3人が死亡し、多国籍訓練に参加した少なくとも5人が重傷を負いました。

Rachel CohenはAir Force Timesの編集者です。 彼女は2021年3月のシニア記者として出版物に加わりました。 彼女の仕事はWashington Post、Frederick News-Post(Md.)、Air and Space Forces Magazine、Inside Defense、Inside Health Policyなどに掲載されました。

タラコップはAP通信の米国防総省特派員だ。 彼女は以前、Sightline Media Groupの国防総局長だった。

READ  チップ不足で、日本と中国の工業生産に大きな打撃
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours