オッペンハイマー、核論争後来年日本公開予定 – 芸能ニュース

Estimated read time 1 min read

東京 – ユニバーサルピクチャーズのオッペンハイマーが来年日本で上映されると、地元の配給会社が木曜日に明らかにしました。 この映画は、広島と長崎市の原子爆弾の破壊をほとんど無視するという批判の中で、開封が疑われた。

クリストファー・ノランが監督した原子爆弾の先駆者J.ロバート・オッペンハイマーに関する電気映画は7月公開以来、世界的に9億5千万ドル(13億シンガポールドル)以上の収益を上げました。

配給会社ビーターズエンドは声明を通じてこの映画が2024年日本で公開される予定だとし、この映画が「様々な映画上で先頭走者とみなされている」と明らかにした。 具体的なリリース日は明らかにされていません。

多くの日本人はまた、同じ時期に開封した別のブロックバスターであるボビーと映画を結ぶ草の根マーケティングキャンペーンに不快感を感じました。 ファンが制作した映画スターのイメージと核爆発イメージを一緒に使用しました。

#NoBarbenheimerハッシュタグは8月に日本でオンラインで流行し、バービーディストリビューターWarner Bros.が謝罪を引き起こしました。

第二次世界大戦が終わる頃、米国が広島と長崎に原子爆弾を投下して20万人以上の死者が発生しました。

また読んで下さい: オッペンハイマーはヒンズー教の聖書の場面のためにインドでオンライン怒りを引き起こしました。

READ  怒りの疾走ジャスティン・リン、ワンファンマン映画出演、シーズン3度進行中
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours