オディシャCMナヴェンパトナイクの京都橋日本訪問、今日の観光やスポーツに重点を置いてスタート

1 min read

Bhubaneswar:OdishaのKendrapadaとJagatsinghpurのNippon Steelの今後の事業部でグリーンテクノロジーの使用について議論した翌日、Naveen Patnaikの最高大臣は金曜日に1週間の日本ビジネスツアーの京都橋を始めました。

公式の情報源によると、CMが率いる州の代表団は、京都の観光分野で日本とOdisha間の協力機会について円卓討論を行う予定であり、州仏教および生態観光関連サイトに重点を置いている。

代表団はまた、Odishaでスポーツ人材の訓練と開発に可能な協力を模索するだろうと消息筋が付け加えた。

4月4日に東京に到着した後、CMは日本スチール社長の江ji Hashimotoとの会議を開催しました。 彼は、Odishaに30MTPAの生産能力を備えた最大かつ最新の鉄鋼工場を建設する会社の計画について発表しました。 彼は潜在的な投資家と1対1の会議を開催し、東京でOdisha Business Meet 2023を主催し、翌日Odia diasporaと対話式の会議を開催しました。

ナビンは4月6日、新日鉄住金の清水製鉄所を訪問し、先端施設への感嘆と優れた金属生産に向けた新日鉄住金の意志を表明した。

また読む: [Watch] オディシャCMナヴェンパトナイク、日本NSCの木見鉄鋼工場を訪問

Pratap Keshari Deb産業大臣、PK Jenaシニア秘書官およびその他の上級役員に加えて、鉄鋼、アルミニウム、繊維、食品およびシーフード加工、グリーン水素およびグリーンアンモニア部門を代表するOdishaのビジネス代表団もCMに同行します。 旅行。

READ  ダービー馬の騎手、トレーナー、所有者、血統など
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours