オマーン、サウジアラビア、日本、米国と産業経済同盟を締結

Estimated read time 1 min read

この協定は、国家経済成長への民間部門の参加を促進することを目的としています。

オマーンは、国家経済成長への民間部門の参加を促進することを目指すサウジアラビアとの新たな協定を通じて、産業インフラを大きく強化する予定です。

オマーン通信社(ONA)によると、了解覚書(MOU)が締結された。 (MOU)は 署名済み オマーン財務大臣、スルタン・ビン・サレム・アルハプシ(Sultan bin Salem Al-Habsi)とサウジ開発基金(Saudi Fund for Development)のCEO、スルタン・アブドゥラマン・アルマシャード(Sultan Abdulrahman Al-Marshad)が会談を行った。 この協定は、オマーンの様々な産業地域のインフラに対する資金調達に焦点を当てています。

続きを読む:オマーンLNG、日本企業JERAと10年供給契約を締結

会議中の議論は、オマーンとファンドの協力メカニズムと共同開発プロジェクトの更新を中心に行われました。 目標は、不可欠なサービスを提供することによって産業および物流セクターを発展させ、オマーンビジョン2040に合わせて民間セクターがオマーンの経済発展に貢献することを奨励することです。

今回の了解覚書は、インフラ、高等および職業教育プログラム、水資源、産業、鉱業、輸送、通信、エネルギー部門プロジェクトなど、オマーンの開発分野を支援するための2つの当事者間の協力フレームワークに属します。

オマーン – 日本のビジネス協力に焦点を当てる

別のイベントで、オマーン特別経済区および自由区公共庁議長のアリ・ビン・マスード・アル・スナイディは、東京の代表団と共に、日本経済産業部長官のケン・サイトに会いました。 この日の議論では、両国間の事業協力とオマーンの経済自由区域、産業都市などで進行中の主要プロジェクトに焦点が合わせられた。 特にドゥクム(Duqm)経済特区の低炭素鉄生産プロジェクトを強調した。

今回の訪問には、鉄およびその派生物の生産に従事する企業、再生エネルギー機器製造企業関係者との懇談会も含まれ、横浜港を訪問してエネルギーおよび石油製品の輸送のための特殊船舶取扱い経験を学びました。

オマーンと米国間の貿易と投資の強化

また、オマーンと米国(米国)は、4月24日にワシントンで2番目の戦略対話を開催し、貿易、投資を強化し、課題を包括的に解決する方法を模索しました。 オマーン代表団はシェイク・カリファ・ビン・アリ・ビン理事アルハルシ外交部外交次官が議長を務め、米国代表団はホセ・フェルナンデス米国務省経済成長・エネルギー・環境次官が率いる。

対話中、両側は特に情報通信技術(ICT)、半導体、クリーンエネルギーサービスの分野でオマーンにある米国企業の機会について議論しました。 彼らはクリーンエネルギーソリューションと鉱物投資の分野で協力を強化するという意志を表明しました。 この議論はまた、オマーンとアメリカの協力覚書による環境優先順位を強調し、クリーンエネルギー研究の分野で両国の研究者間のコミュニケーションを促進しました。

経済に関するその他のニュースを見るにはクリックしてください。 ここ

READ  独占| 「香港でインターネットを利用できますか?」 日本の特使は都市について「否定的な話」をしたが、自国企業はそのまま維持していると述べた。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours