トップニュース

オミクロンに対する日本の厳格な入国規則を緩和するための12,000人の署名請願

日本がコロナウイルスのオミクロン変種拡散を防ぐために厳格な入国規則を緩和することを要求するオンライン請願が木曜日約12,000人の署名と共に外務省に提出されたと市民団体が語った。

林吉正外務相に送った請願書は、「過度な」国境統制が、家族が海外に住んでいるのを見たい人に影響を与えたと言います。

日本は、伝染性の高い変種に対する報告が増え、11月30日から世界中で外国人の新規入国を禁止しました。 日本人または永住権者の配偶者と子供でも「特別な例外」でない限り、入国は​​拒否されます。

カナダの研究者メレック・オルタバシ(右から2番目)と彼女の支持者が、2022年1月6日、東京で外務省の上級管理者に、日本がコロナウイルスの拡散を防ぐために入国規則を緩和するよう要求する請願書を提出します。 (写真提供:Change.org Japan)(刑務所)

政府は外交官、日本人配偶者、永住権者などを除く12月2日以前に発行された査証の有効期間も停止した。

請願の署名を集めるためのキャンペーンは、12月上旬に日本のアーティストの高橋明とカナダのSimon Fraser Universityの副教授であるMelek Ortabasiが率いるグループが始まりました。

日本入国が拒否されたドイツ人妻の新井は、請願書を提出した後、開かれたオンライン記者会見で「私たちはそれを国際人権法の問題として認識する」と述べた。

10月に研究作業のために3人の子供をカナダに残して日本に来た未婚母オルタバシは、他の人が同じ経験をしたくないので「続けて戦う」と言いました。

入国が拒否された子供たちは最近例外的に日本に入国できるようになった。 しかし、子供たちは指定された施設に孤立しており、家族はまだ再会できません。

日本政府は、最初に強化された入国規則が年末まで約1ヶ月間施行されると明らかにしたが、後に日本がコロナ19感染の第6次波に備えているので、少なくとも今年初めまで延長することに決めました。 オミクロンの変種。

世界保健機関(WHO)は、このような措置がウイルス拡散を防ぐのに効果がなく、人命に大きな負担を与えるとし、全面的な旅行禁止措置を取らないことを促した世界保健機関(WHO)の差別的措置であるという批判を受けてきた。 。

READ  NEWS加藤成亮、小山慶一郎が新型コロナ感染 - ジャニーズ:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close