スポーツ

オミクロン変種に感染した日本チームメンバー8人

日本空手連盟は、木曜日カザフスタンで開かれたアジア選手権大会で帰ってから8人の選手がコロナウイルスのオミクロン変種に陽性反応を示したと明らかにした。

8人は12月18日から22日までアルマトイで行われたトーナメントに参加した28人からなる日本チームの一部でした。 このコンテストでは、選手とチームの関係者は、スポーツスタジアムとホテルで構成される感染コントロールバブルの中にとどまった。

旅行者は12月24日に日本に戻ってPCR検査を受け、11人のメンバー(選手10人と関係者1人)がコロナウイルスに対して陽性反応を示した。

新種コロナウイルスのオミクロン変種電子顕微鏡写真。 (ファイル写真提供国立感染症研究所)(刑務所)

そのうち8つは後でオミクロンの変種を持っていることが確認されました。 保健当局によると、11個のうち1個はもはやコロナウイルスに陽性ではありませんが、他の3個もオミクロンに感染している可能性があります。

12月25日の追加テストでは、4つの新しい陽性が現れましたが、オミクロン株に対するものかどうかは示されませんでした。 その後、2人の軽症または無症状が追加され、現在感染しているチームメンバーの総数は16人になりました。

20以上の国と地域でジュニアを含む約450人の選手が選手権に参加しました。

大会場を訪れた永良都市久世界空水道連盟事務総長は「感染予防措置が徹底した」と話した。

READ  Northern Farm、Group 1ロバFunstarを270万ドルで買収

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close