オランダから日本まで:スポーツを通じた包容性を促進するための努力。 Rita van Driel、東京足立区施設に専門知識を提供

Estimated read time 1 min read
日本ニュース
リタ・ヴァン・ドリエル(Rita van Driel)が3月14日、東京足立にある精神障害者支援施設を訪問している。

障害者と非障害者がスポーツを通じて互いにコミュニケーションをとる包括的な社会を促進しようとするオランダのイニシアチブが日本社会に浸透し始めた。 今回のオリンピック年度、足立区は、障害者の社会参加を促進するため、オランダの専門家を招待し、区内支援施設と共同でパラススポーツワークショップを開催しました。

3月14日、国際障害者オリンピック委員会委員長を務めたリタ・ヴァン・ドリエルが東京足立区の精神障害者支援施設を訪問し、社会リハビリプログラムの参加者に会いました。 参加者の一人が「最近の体力強化と体重減量のために有酸素運動をしている」と言うとVan Drielは「素敵ですね! 今、あなた自身のために何をすべきかを知っています。」

Van Drielによると、オランダの人々は、精神的健康問題のために休職する必要があるときに、一般的に社会再統合のための最初のステップとしてスポーツを選びます。 スポーツでスキルを向上させ、目標を達成すれば自信が高まり、社会復帰の準備に役立つと信じています。

足立区にある施設では、簡単な業務訓練とコンピュータ授業を通じて精神障害のある人々の社会参加準備を支援し、就職斡旋サービスを提供します。 ヨガ、卓球プログラム提供、ボチア、コープボールなど障害者スポーツ体験イベント開催など、スポーツ関連活動を継続的に増やしています。 施設関係者は「普段スポーツに触れる機会が多くないが、今回の行事では普段の活動では見られなかった参加者の顔で生き生きとした表情が見られた」と話した。

ゲームチェンジャープロジェクト

パラススポーツを推進しようとする足立区の努力は、オランダオリンピックおよびパラリンピック委員会と日本スポーツ委員会との協力体制であるゲームチェンジャープロジェクトに基づいています。 このプロジェクトは、長い間スポーツを通じて障害者とコミュニケーションしようとする努力に参加してきたオランダからアドバイスを得、障害者の参加を促進する社会システム構築へのアドバイスを得るための努力である。

ワードはスポーツイベントの管理方法についてのアドバイスを受け、障害者が参加できる他のスポーツについて学ぶためにVan Drielを何度も地区に招待しました。 また、オランダの障害者オリンピックメダリストと運動選手を招待し、地域の小学生のための障害者スポーツイベントを開催しました。

区役所の関係者によると、どのような活動が可能なのか、障害者が参加できる場所や参加の有無がわからないため、スポーツを始めたくても開始できない障害者が多いそうです。

この問題を解決するため、足立区は2020年に区役所に「スポーツコンシェルジュ」サービスを開設しました。 区役所が障害者にどのスポーツに適しているかを相談し、区内で活動している適切な団体に関する情報を提供します。 足立区スポーツ振興課の橋本忠之さんは「このサービスは日本で類例のないサービスであり、バンドリエルのアドバイスのおかげで作ることができました」と話しました。

今年から、公務員は、ワード内の各地域社会と障害者からなるスポーツチームから彼らが直面している問題について聞き始めました。 区はこれらの意見に基づいてパラススポーツ活性化のための実践計画を策定する予定だ。

「小さな変化が社会を変えることができる」

Van Driel氏は次のように述べています。 社会も同じだ」

例えば、ヴァン・ドリエルは、数年前に東京で行われたスポーツイベント中にバレーボール体験場で腕のない少年が並んでいるのを見ました。 どうすればいいのか難しいスタッフたちをコートに招待してネットの高さを下げ、一般バレーボールよりも弾力のあるボールに変えた。 そうすれば少年が肩や頭でボールを受けるとボールがよりよく弾かれ、相手コートにもっと簡単に入ることができるだろう。 Van Drielは、「障害者のための養子縁組の方法を考えることで創造性を発揮することができます」と言います。

Van Driel自身も約30年前、オランダのスキー連盟で働きながら「パンドを変える」経験をしました。 彼女はパラリンピックに出場してほしいという視覚障害のあるクロスカントリースキー選手の要請に応じて創造力を学びました。 その経験により、彼女は現在の活動に参加するようになりました。

ヴァン・ドリエルは、過去の日本での活動において、日本人が他人に気を配り、障害者と話すことさえ躊躇する傾向があるため、時々不満を感じたと言います。 日本での活動を通して、Van Drielは最初に障害者のニーズを学び、そのようなニーズを満たすために何ができるかを考えるために積極的に人々に質問するよう求めました。

足立区での活動の結果について、Van Drielは「彼らは障害者のためにスポーツをもっと活用する方法について本当に考えている」と感じました。 最初は区役所スポーツ関連部門でのみコミュニケーションしたが、今では福祉部、教育部でも会議に参加し、各部門でできることを議論する。 彼女は「日本で何が起こっているのか期待される」と話した。

READ  日本タイサッカー| 国民スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours