技術

オリンパスは、顕微鏡ユニットを20億ドル以上に販売することに契約を差し迫る

男は2012年12月21日、東京の会社ショールームの外で日本オリンパスのロゴをお届けします。 REUTERS/Yuriko Nakao

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

HONG KONG、8月23日(ロイター) – 日本のOlympus Corp(7733.T)が3000億円($22億ドル)以上で取引できるプライベートエクイティ会社に顕微鏡ユニットの売却に差し迫った。 この問題についてロイター通信に伝えた。

ベインキャピタルがリーダーとして浮上し、この取引について直接的な知識を持っている限り、関係者は言った。

カーライルグループ(CG.O)とKKRアンコ(KKR.N)も今月、顕微鏡、産業用内視鏡、X線分析器を作るこの事業に対して拘束力のある入札を提出したと直接知識を持った3人が語った。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Refinitivデータによると、オリンパスは近年、医療技術だけに焦点を当てることを目指してリストラを行ってきました。

オリンパスのスポークスマンは、現時点では何も決まっていません。

ベーン、カーライル、KKRはコメントを拒否した。 すべての情報源は情報が機密であるため、識別を拒否しました。

100年余り前に国内顕微鏡生産業者として出発したオリンパスは去る4月会社を噴射してエビデント(Evident Corp)と命名した。

Evidentは3月末までに総資産価値が1,433億円であり、現在の会計年度の営業利益は155億円と予想しています。

改編の一環として、オリンパスは行動主義投資家ValueAct Capitalを取締役会に招待し、複数の海外医療機器会社を買収し、長い間赤字であったデジタルカメラ事業を売却した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

香港のKane Wuと東京のMakiko Yamazakiの報告。 エドウィーナ・ギブスの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  「Dead by Daylight "" Nice "を入力すると、69BP受ける冗談が話題。 アーカイブ終了のお知らせが意外な形で盛り上がり| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close