理科

オリンパスはメドテックの科学ソリューションを分割してエビデントの子会社を作成しました。

Olympus(TYO:7733)は、今日、Scientific Solutions DivisionをEvidentという完全所有子会社に分割する作業を完了したと発表しました。

ライフサイエンス研究および産業機器をカバーするエビデントの設立により、オリンパスの経営陣は会社の2020-21年度に売上の86%を占める会社の医療事業の継続的な成長にさらに集中することができました。

日本に本社を置くEvidentは、オリンパス企業傘下で独立して運営されています。 オリンパスは、新しいエビデントという名前が、高品質の製品と技術の専門知識を提供するという約束と、顧客コラボレーションと顧客の懸念への対応に対する新たな焦点を示していると述べた。

斎藤義彦(Yoshitake Saito)社長兼代表は「Evidentは、同クラス最高の製品を提供しつつ、デジタル・クラウドベースのソリューションを拡張し、顧客体験を向上させ、研究・検査分野の全体的なワークフローを改善する」と述べた。 。 エビデントの監督。

「製品販売中心のビジネスモデルから顧客の問題と課題解決中心のビジネスモデルに切り替えます。 このような大きな管理自律性により、私たちはアジャイルな製品開発とオープンなイノベーションを促進し、それが製品開発のスピードを向上させると信じています。」

READ  James Webb宇宙望遠鏡は、厳しいサンシールドの配置を完了します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close