スポーツ

オリンピックが近づくに応じて日本、コロナウイルス緊急状態の拡大を検討

日本政府は、金曜日に、ほぼ2ヶ月間、日本全域に緊急事態を延長するかどうかを決定することです 予定された東京オリンピック開幕前

この国は、4月に4回コロナウイルスの事例(まだ減少していない事例)と対抗しながら緊急措置を再導入しました。

ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、日本の7日の平均新規事例は、現在、約4,500人です。 一方、全国1億2,600万の人口のうち、約2%だけがCovid-19の完全な予防接種を受けました。 CNNが集計した数値によると。

月曜日に、 米国は市民に日本旅行を禁止しました。、一定勃発のために。

東京と大阪支社は、すでに中央政府の5月31日に期限切れ予定現在の緊急状況を延長することを要請しました。 日本のメディアによると、この措置は、6月20日まで延長されることがあります。 東京2020大会初日 – 感染症が原因で、昨年に延期されました – 7月23日です。

吉村博文大阪支社は火曜日コロナ19事例が県で減少しているが、医療システムは、 ひどい場合に緊張。 「もう一つの感染拡大が発生した場合、もはや対処できません。」と彼は言いました。 「手遅れになる前に、緊急状態を延長(リクエスト)することを決定しました。」

現在の措置に応じて、住民は不要不急の外出を避け、自宅で仕事を、マスクの着用を固守するように要求されるが、これらのガイドラインは、義務ではありません。 ショッピングモールのような大規模な商業空間は必須アイテムとサービスの提供を除いては、運営が禁止されます。 お酒を提供するレストランは完全にドアを閉め、乾燥したレストランは、午後8時からドアを閉じ、それ以外の罰金が課せられます。

菅義偉首相は金曜日の専門家と会って、東京、大阪、兵庫、京都など5つの県の拡張を議論する予定である。 南島沖縄県はすでに6月20日までの緊急事態に直面しています。

地域と国際オリンピック関係者すべて 地上の状況にもかかわらず、ゲームは継続されると繰り返し主張している。 伝染病と一緒に運動選手とスタッフを保護するために競技場とオリンピック村に設置された保護措置を指します。

オリンピックキャンセル 日本と国際オリンピック委員会の両方に莫大な費用がかかることがあります。 (IOC)は、特に放送収益の損失が大きな打撃を受けました。

しかし、ゲームがますます近づくようにしなければならないという圧力が高まっています。 木曜日、日本の医師労組は、ウイルスの変異株が拡散されることがあると警告して競争を中断することを再確認しました。

合山直人労組会長は東京で開かれた記者会見で、「インド、南アフリカ共和国の種族が多く拡散する可能性がある」と警告した。

合山は、国際社会にオリンピックの潜在的なリスクのアラームを鳴らしイベントの世論を動員することを促しました。 彼は日本が緊急事態に置かれた状況でも、オリンピックを開催するというIOCの最近の公約について医療スタッフと多くの人々の怒りを呼び起こしたと批判した。

「Covid-19に対抗するために、全世界が一緒にする必要があります。 しかし、いくつかは、これらの闘争に背を向けており、東京オリンピックがCovid-19を克服するために障害になる危険性があります。」とUeyamaは言いました。

東京2020 CEO武藤敏郎(Toshiro Muto)は水曜日、9つの病院がオリンピック関連の従業員のために別々に用意されると述べた。 しかし、合山は日本の夏に熱中症で一般的に入院する患者の増加により、7月と8月に病院に過負荷がかかると警告した。

医師はまた、日本のワクチン発売が “戸惑うほど遅い」と批判した。 彼は毎日100万人のワクチンを打たれても、全体の人口を接種するために6ヶ月かかることができると付け加えた。

合山は「昨年、日本政府は、コロナ19征服の信号に五輪開催を約束したがナイーブな錯覚だった」と語った。

READ  競馬| Sodashi、Oka Shoでフィールドベスト、JRAクラシックレースで優勝した最初の白人サラブレッドとなる

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close