エンターテインメント

オリンピックでのワシントン精神:ケリーオハラ&USWNT進出

東京オリンピックに出場した4人のワシントンスピリット戦闘機はノックアウトラウンドに進出したが、チームのための計画は、正確に定められていません。 NS USWNT、Kelley O’HaraとEmily Sonnettがある2位はオーストラリアとの0-0で引き分けた。 Saori Takaradaと日本は、チリとの8強進出を確実にするために、後半ゴールが必要でした。 チーム。 Julia Roddarとスウェーデンも期待どおりに終わらなかったが、彼らの場合には、グループリーグの3試合をすべて複数ゴール勝ったので肯定的です。

全体カルテットで昨日の試合がどのように進行されたかは、次のとおりです。

ケリーオハラ

ニュージーランドとの試合で勝利した後、大原は、米国とオーストラリアとの0-0の引き分けでライトバックに戻ってきた。 彼女は前半に行うことが多くなかった。 両チームの非常に慎重な戦術アプローチが目立つ行動をほとんど見なかったからです。 後半序盤にスクリプトで作成されたセットピースが彼女を複数走者にロークロスする栄光の機会を与えるように見えたが、オフサイドのフラグが脅威を終えました(O’Haraのクロスが、最終的に彼女のオプションの後にあったが)。

実際に何も起こらなかった、ワンプレーに注目することが不思議に見える場合まあ…ゲームは、私たちに多くの議論を提供していませんでした! USWNTは、低圧力でプレーしており、多くの逆圧に関与していなかったし、O’HaraまたはCrystal Dunnをゲームに導入するために多くの努力を傾けていない。 両チームの保守的なアプローチは、フルバックを行うことがあまりないということを意味しており、彼らの責任はチームの形態とのバランスを維持することがされた。 そのような点でO’Haraは仕事をよくしました。 それだけでスリリングな視聴体験はありませんでした。

エミリーソネット

Vlatko Andonovskiは昨日Sonnettを完全に残すことにしました。 それは単にローテーション計画なのか負傷のかは明らかではないが、Casey Kruegerがベンチで使用できる唯一の守備のオプションという興味深い状況を残しました。 残りのグループには、バックアップゴールキーパーAD Franch、3人のストライカー(Tobin Heath、Carli Lloyd、Lynn Williams)、2人のミッドフィルダー(Lindsey HoranとKristie Mewis)が含まれています。

USWNTが金曜日の午前7:00(東部時間)横浜でオランダと対戦する準々決勝でどのように18歳に近づくかもは置いて見なければします。 O’HaraとSonnettをゲームごとに交換する予定がある場合Sonnettは準々決勝と、潜在的なメダルゲームのために現場に残るでしょう。 AndonovskiはO’Haraが準決勝に進出する準備をしてメダルを獲得したいようです。 これSonnettが金曜日に復帰することができる確実な機会を持つことができることを意味します。

一方、O’Haraは明らかに彼の最初の選択であり、F組で21ゴールを決めたオランダのチームを相手にする私たちは、Andonovskiが全体ノックアウト段階でベテランに期待であることを見ることができます。

ジュリアラウダ

ライトバックについて言えば、Roddarはそこで、スウェーデン代表として選抜され、ニュージーランドを2-0で下し、90打を記録した。 Roddarはアシストを記録していなかったが、2点目からの役割をし、エンドラインと重なる前にMadelen JanogyがクロスをヘディングしたHanna Bennisonに戻ってパスしました。 彼女はまた、ミッドフィルダーやウィンガーを見つける前にボールを所有しており、守備を引き込むうとするなど、ボールから少しの狡猾さを示しました。

Roddarは、最初は、代替選手だったが、今Peter Gerhardsson彼女を18人に指名された二つのゲームに出場しました。 G組で優勝したスウェーデンは、E組で3位になった日本との準々決勝のために埼玉(オーストラリアを4-2で破った)に戻ります。 この試合は、金曜日の午前6時に始まります。

Saori Takarada

タカラこと宮城スタジアムで行われたチリとの試合でセンターバックを起点に、日本の必ず勝たなければならする第3戦でオリンピックデビューを行った。 チリの賢明な選択的なハイプレスで崩れた低競争ラインを見せながらTakaradaと日本のバックラインは、処理するのに非常に興味深い課題を抱えていました。

Nadeshikoはチリを21-4で破ったが、低品質のシュートに安住し、最後サードで創造性をほとんど示さず、ゲームを難しくしました。 77分には最終的に突破を試みたが、チリがゴールキーパー山下彩花の失策でオウンゴールを数ミリ離れたことを報告し乗り出さなければ。

Takaradaは日本がリードをとった後、危険な、チリのクロスを拒否するために突進して大活躍を繰り広げ、巧みに偽装したミッドフィルダーパスで、チリの最初の圧迫を破る芸を見せてくれました。 全体的に、彼女は日本が彼女に集中したセンターバックの役割になって慣れるように見えました。

しかし、3位を占めたのは、主催者側にあまり良い影響を与えない金曜日の朝、スウェーデンとの準々決勝で困難な課題を抱えることになります。

READ  輸入おもちゃコレクターが日本のブランドを壊している

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close