スポーツ

オリンピックのスキャンダルでマーケティング大企業Dentsuのビジネスが注目を集めました。





高橋春雪(毎日)

東京(刑務所) – 元Dentsuの取締役であるHaruyuki Takahashiが関与したオリンピックの後援の腐敗の疑いで、日本のスポーツマーケティング部門に対する会社の圧倒的な影響力が注目されました。

Dentsuは、独占エージェントとしての役割を通じて、高橋が役員であった東京オリンピックおよび障害者オリンピック組織委員会のマーケティング収益で約3,700億円(28億ドル)の記録を確保しました。

検察は現在、高橋と青木ホールディングス株式会社から彼の会社への疑わしい資金の流れを調査しています。 青木は、2014年4月に東京ゲームの独占マーケティングエージェントとして発表された後に確保したDentsuの公式オリンピックスポンサーのひとつです。

発表とともに発表されたプレスリリースには、2008年北京オリンピック主催側が提示した1,656億円の記録に大きく満たない1,500億円の国内マーケティングプログラム目標が含まれています。

当時目標数値を公開することも、まだ地域オリンピックパートナーとして契約した企業が一箇所もないという点で異例だった。 しかし、この数値の後には、スポンサー収益が特定の最小金額に達するというDentsuの保証がありました。

Dentsuは、イベント主催者に行き、最小限のスポンサー収入を確保すると問題を知っている消息筋が言いました。 そんなに多くの収益が実現されない場合、Dentsuはその差を埋めることを約束します。

ただし、収益が保証された最小値を超えると、Dentsuの総手数料の割合が増加します。 電通が東京オリンピック組織委員会に提案した入札には約1,500億円の保証が含まれていると考えられます。

Dentsuは、幅広い企業ネットワークでお金を稼ぐことができるため、この方法で運営できます。

東京オリンピック組織委員会の元最高経営者は「デンツマンがその程度の収入を保障して伝達することができる。Dentsuは多くの上場会社と深い関係を育ててきた」と話した。

だからDentsuが多くの国際イベントやスポーツ連盟の独占エージェントになったのは驚くべきことではありません。

ハンデンツ職員は「他の企業が追いつけない数値を顧客に提示することができる」と話した。

東京ゲームの独占マーケティング代理店として複数の企業が競合していましたが、電通を除いて「最低限のチャンス」はありませんでした。

公的資金の使用を慎重に検討しながら、最大の民間資金を確保することができるDentsuの能力は、組織委員会が会社を選ぶのは難しくないことを意味しました。

Dentsuは、Tier 1「ゴールドパートナー」になるために、それぞれ約150億円を投入するよう15社を募集しました。 輸入と支出の面で成功した2012年ロンドンオリンピック主催側も50億円に達する最上位スポンサーとして登録した企業はたった7社に過ぎなかった。

結局、東京のスポンサー収益は、電通が約束した最低保証の2倍以上でした。

しかし、先輩の大規模なスポンサーは、ゲームを確保しようとする東京の入札をはじめ、苦手な協会を伴いました。

2020年3月、ロイターは高橋が後援者を整理し、後に腐敗の疑いで調査を受けたとLamine Diack前国際オリンピック委員会委員をロビーした功労で東京オリンピック誘致委員会から820万ドルを受け取ったと報告しました。

同じ調査で、日本のオリンピック委員会委員長の鶴kaz Takeda元日本オリンピック委員会委員長がDentsuが推薦したシンガポール会社に200万ドル以上の「コンサルティング」費用を支払わなければなりませんでした。

元組織委員会の職員は、Dentsuと協力することがスポンサーを得る唯一の方法であると考えるのが奇妙だと思うかどうかについて、委員会の指導部に圧力をかけたと主張します。

今後スポンサー選定方式にさらに関心を傾ける予定だ。 しかし、これまで事業を目立たせてきた方式は、元委員会の職員が「デンツでなければオリンピックを開催できなかっただろう」と信じさせた。

READ  羽生ゆずる、怪我でNHKトロフィーコロン

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close