スポーツ

オリンピックは、ゲームの基本的なルールを提示します:毎日のテストと食事制限

TOKYO – 選手たちは毎日テストを受けることになりますが隔離する必要はありません。 訪問者は、公共交通機関から離れてください。 そして、他の関係者と一緒にニュースメディア関係者は、一人でテイクアウトの食事をするように促すでしょう。

再調整された夏季オリンピックがCovidスーパースプレッダーイベントに変わる可能性に対する日本国民の不安をなだめるために、オリンピック主催者は水曜日に、いわゆるプレイブック2次ラウンドを発表しました。 今回の7月にスポーツイベント。

先月大会開催が禁止された海外の観客がなくても、国境がほぼ非居住者に閉鎖された1年ぶりに今年の夏数万人が日本に入国する予定である。 日本のいくつかの公開世論調査で大半はオリンピックが再び延期されたり、完全にオフにされていることを好むと回答し、いくつかの公衆衛生の専門家は、現在のパンデミックの状況でオリンピックが開催されることが安全かどうかの疑問を提起しました。

新しいルールは、国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、東京主催者、東京都庁、日本政府が会議をした後、公開された。 開会の挨拶でIOC会長のThomas Bachは改正されたプロトコルが “最高の科学や医療の専門知識をベースにして、「あり、数千人の運動選手が参加した昨年、数百件のスポーツイベントの経験に基づいていると言いました。

Bach氏は、東京の組織委員会と一緒にIOCは「このようなプレイブックの遵守を厳格に施行」という約束を含む「日本国民が安全だと感じられるように、リスクを最小限に抑えるために必要なすべての措置をとる準備ができています」と言いました。

「状況が必要な場合、私たちは、より厳格な措置をとる準備ができています。」とBachは付け加えました。

主催者側は、日本の多くの人々が解決することを希望する質問に答えていない。 国内観衆がオリンピック競技場とスタジアムに入ることができるかどうかです。 彼らはその決定を6月まで延期した。

主催者は、声明を通じて「新型ウイルスに関連国内感染状況を見ながら、オリンピックとパラリンピック競技場の観客収容人数の決定を下すことに同意した」と明らかにした。

東京組織委員会社長の橋本聖子は主催者側が「観客なしで大会を開催する準備ができている」とし「一方、できるだけ多くの観客が大会を見ることができると思います。 状況が許可されます。 “

彼女は「目標は常に完全な競技場であるがCovid措置を考慮すると、医療サービスの提供を妨害してはならなりません。」と付け加えました。

主催者側は、オリンピック選手に予防接種を義務化していない。 日本の多くの人々は、感染症の異なる段階で、200以上の国から来た数千人の人々が登場する事件の安全について憂慮してきました。 日本ではワクチン発売が遅く、一般の約1%だけが予防接種を受けました。

更新されたオリンピックのプロトコルは、室内の食事の制限やスポーツイベントで観衆が禁止された緊急事態にある東京と日本の他の大都市と一緒に公開されました。

今週の日本は死者1万人を超えました。 この数値は、米国や欧州に比べて相対的に低いが、3ヶ月ぶりに二倍にしました。

そしてインドのような場所での流行が制御不能状態がされたことにより、日本は他の国の伝染病学者を悩ませる二重の亜種の事例が増加しています。

日本政府の統計によると、日本で発見された二重変異事例の数は、4日ぶりに4倍に増加し、4月22日にわずか5件で、4月26日21件に増加しました。 1件を除くすべての事例は、日本空港に着陸した乗客をテストした結果、確認された。

Ms. Hashimotoは、いくつかの日本人の留保を認めました。 「夏季オリンピックを楽しみにしている人が多すぎます。」と彼女は言いました。 “一方では、オリンピック開催を心配して心配している人がいます。 両方の事実であり、我々は両方に直面します。」

主催者側は、毎日の運動選手をテストしてコーチ、管理、ニュースメディアのメンバーを含むすべての参加者に公共交通機関を避けるように要請するなどの措置を通じて、オリンピックの安全を確保するために努力すると言いました。

コーチや役員など、景気に参加していない選手は、到着後3日間毎日試験を行った次の役割と選手とどのように密接に接触していることに基づいて、「定期的に」試験を受けることになります。 また、日本人との接触を最小限にするように要請されています。

組織委員会の武藤敏郎(Toshiro Muto)代表は、参加者が誓約書に署名しなければならず、プレイブックプロトコルに準拠していない場合は、最も深刻な場合には、撤回を含む「一定の罰金が課されるだろう」と述べた。 オリンピックの資格を証明する。

武藤氏は、運動選手や他の参加者が東京に到着する前に予防接種を迎えたとしてもプレイブックのルールを遵守しなければならないと述べた。

批評家は、主催者が大衆を保護するよりも、政治的点数を付けるか、スポンサーと放送局を満足させるために、より興味を持っていると言います。

東京大学メディア学科の教授であるカオリ林(Kaori Hayashi)は、「日本のすべての設立が共謀していると考えている。 林さんは、日本のマスコミが伝染病が抑制されておらず、日本でのワクチン発売が特に遅い時期にオリンピックが行われる理由について十分難しい質問をしていただろうか心配したと述べた。

彼女は「私たちは、次の波の後、次の波のために多くの報告を受けており、ワクチン発売が遅く進むのを見たので、すべての人がオリンピックに予防接種を受けることを期待することができません。」と言いました。 「今すぐオリンピック開催のポイントが見えません。」

READ  New Japan Cup 2021 Final Eight Setに誰が勝つか予想し

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close