エンターテインメント

オリンピックは、日本のLGBTQ活動家たちに希望を与えました。 しかし、古い偏見は死ぬ。

TOKYO – 当時の日本女子代表のフェンシング選手だったし、ミノー杉山が彼のコーチの一人にトランスジェンダーの人に出ることに決めたとき、彼は何を期待すべきか確信していました。

その後に続いた残忍さは、彼を驚かせた。

「本物の男とセックスをしたことがない」とコーチは答え、杉山氏が昨年秋、国際オリンピック委員会委員長であるトーマス・バッハに書いた手紙に基づいて直接行動を提案した。

現在活動家である杉山さん(39)は、バッハ氏に、日本は、特に硬直スポーツの世界で深く根ざした差別の整頓された画像を見せたかった。 彼はまた、バッハがゲイやトランスジェンダーの権利を保護する法案について、日本政府にロビーをすることを願った。 そうすることで、「私が経験したことから、次世代の選手たちを保護することができるだろう」とSugiyama氏は書いている。

しかし、今では東京オリンピックが二ヶ月もたたない残ったので、法案への希望が排出されています。 超党派委員会が法案の草案を提出する時に差別を「容認できない」と表示する控えめな目標でさえ、全体の議会での法案の検討を遮断した保守的な議員たちにはあまりにも多くのことが判明した。

平等に向けた第一歩であったことがなく、与党自由民主党の伝統的な家族の価値政治家のLGBTQ権利の強力な反対を改めて示した。 この法案を議論しながらした会員は同性愛者とトランスジェンダーが「種の保全に反対する」と述べました。 また、他の人は、トランスジェンダーの女性が女性トイレの使用を「要求」しているか、陸上競技でメダルを獲得したのが「愚か」と述べた。

この反応は、日本がオリンピック憲章の原則の一つである、すべての種類の差別を除去しなければならないという原則を履行するためにどのくらい行くかどうかを示します。

日本の ほぼ40個の豊富な国のゲイとトランスジェンダーの権利で2位 経済協力開発機構で。 同性労働組合を合法化していない7つの産業大国グループの唯一のメンバーです。 そしてオリンピックで、日本のために競争する予定の選手は同性愛者やトランスジェンダーで出ておらず、ファンやスポンサーの反発の恐怖のために閉鎖状態を維持することを決定したと支持者は言います。

東京2020組織委員会執行委員会の委員であり、中京大学スポーツ社の教授である恭子ライターは「非常に恥ずかしい」と述べた。

与党の法案スポンサーである元国防長官や多友美は Twitterに投稿された動画 6月中旬に県議会が終わるまであきらめないと言いました。

「オリンピックの機会を持って、この法律を作ってみよう」とInadaはインタビューで語った。 「この機会を逃すと難しいでしょう。」

一部の活動家は、それが通過しても、その法案は、多くの影響を与えるには余りにも水が少ないと言います。 この法案は、同性愛者とトランスジェンダーが、多くの場合、自分のセクシュアリティや性同一性を明らかにすることを恐れている社会で偏見を完全に禁止するために及ばない。

公に同性愛者で出てきた日本の少数のエリート選手の一人シモ山田諡号は「本当にこの法案は、意味がないと思う。

「人々が「性少数者というのが何を意味するのか理解することが、チームに問題だ」と言えば、このような差別行為を判断することができる人はいない」と試合をしたクラブサッカー選手下山田さん(26)は言った。 ドイツでは、2年間のプロ。

彼女は、日本のスポーツコミュニティは、特に女性と男性性の伝統的な期待によって妨害を受けて柔軟性がなく、不寛容であると述べた。 日本のスポーツ協会の調査によると、ゲイ、バイセクシャル、またはトランスジェンダーで識別される運動選手の40%以上が、誰かが差別的な発言をすることを聞いた言いました。

去る4月同性愛者で出てきた元ガールラグビー代表所属の村上愛理(31)は、仲間のチームメイトとのデートをして高校のバスケットボール選手に嫌がらせをされたと述べた。 長年にわたり、彼女は罪悪感と恥に悩まさました。

「あなたがLGBTQコミュニティの一員と表明することは難しい」とMurakami氏は言いました。

日本の順応主義社会では、一般に同性愛者になることが難しいが、いくつかの面で、日本の政治指導者たちよりも大衆の態度が速く進化しました。

2019年に広島ド大学の研究者らが調査した回答者の3分の2近くが結婚の平等を支持しており、これは4年前よりわずか半分以上増加した。 ほぼ90%がゲイやトランスジェンダーの差別を禁止する法律を支持しました。

いくつかの面で日本は長い間、ジェンダーと性的指向の流動的な概念を持っていました。 ゲイ社会生活は、東京新宿エリアの大きなナイトライフ地区で盛んであり、日本は宝塚、ノー、歌舞伎のようなクロスジェンダー芸能形式の有名な伝統を持っています。

しかし、そのような文化的受容が常に平等な権利のために政治的支持と解釈されるわけではない。

日本で育ったミシガン大学の人類学エムリタ教授ジェニファー・ロバートソンは、「政治化された性同一性を主張することは、より保守的な人々の耳を苦しめることです。 「同性パートナーと性的関係を持つ友人があることが主流化されることを望んではいません。 “

オリンピック関係者は、2014年ソチ冬季オリンピックの前にロシアで可決された同性愛禁止法に基づいて、東京が7年前のオリンピック留置権で勝利した直後の性的指向に基づく差別を明示的に禁止しています。

批評家は、IOCが遅すぎる行動したと言います。この条項は、ソチゲームが終わるまでは、追加されておらず、オリンピックの可視性が、日本でも多くの助けになるだろうと疑っています。

関西大学スポーツ・性・省准教授井谷聡子(Satoko Itani)は「オリンピックが開催国に、より多くの平等をもたらすこと誤っ希望です。 (日本と同じように、2018年冬季オリンピックを開催した韓国の保守派は、性少数者保護のための立法を遮断した。)

日本でオリンピック主催者は、ゲイやトランスジェンダーの権利について適当なサポートだけを提供しました。

橋本セイコーが東京の組織委員会社長になった後の最初の公演の一つで、彼女は プライドハウス東京、オリンピック期間中の同性愛者とトランスジェンダーのコミュニティをサポートするために設立されたセンターです。 (前任者、森喜朗氏は一度も訪問していない。)

主催者側は、ゲイやトランスジェンダーの権利をサポートするための努力が謙虚であることを認めて係留されている法案について、政府にロビーすることができないと言いました。 委員会の人権問題を担当する杉本信行は「性少数者の理解は西欧まで発展していなかった」と述べた。

杉本さんは、オリンピックのボランティアのためのユニフォームのデザイナーが服をユニセックスにするためのアドバイスを統合したと述べた。 しかし、先週のメダルのプレゼンターのためのユニフォームの写真はズボンを着た男とスカートを着た女性を示したとする。 彼は組織委員会の数千人の従業員のうち公に出て行った人は誰も分からないと述べた。 (杉本氏は、インタビューに参加した委員会のスポークスマンはバイセクシャルであることを知らずにいるようだった。)

企業のコミュニティで、より緊密な推進が行われることがあります。 コカ・コーラとインテルのようなオリンピックマーケティングパートナーを含むグローバル企業グループがゲイとトランスジェンダーの権利法案を支持する書簡に署名した。

コンサルティング会社EYジャパンの森あき木田代表は、現在の法案がLGBTQ権利を十分に拡大していなくても良いスタートになると述べた。 彼は日本の与党が性別の多様性を議論することを見るだけでも、「10年前には想像もできなかっただろう」と付け加えた。

引退したフェンシング選手の杉山さんも段階的に受け入れると言いました。 杉山氏の手紙の返事でオリンピック金メダルリストであるバッハ氏は、日本の法律を説明でした。 彼はIOCが「進行中の作業」である自発的な差別禁止のフレームワークを作成していると言いました。

杉山さんは、「彼はスポーツの包容性を応援していて嬉しいです。 「私は現実主義者です。 120%を目指すなら、まだ一歩前に進むので、80%、さらに20%まで満足することです。」

READ  StratfordプロデューサーがミニドキュメントシリーズであるFaces of Diversityを介してローカル新人の話を共有します。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close