エンターテインメント

オリンピックはどのように78,000人のボランティアをコロナウイルスから保護することができますか?

TOKYO – オリンピック開催都市の場合成功オリンピックの鍵の一つは、様々な活動を楽しく行うボランティアの軍隊です。 職場水を長い、オリンピック車を運転したり、スポーツ選手のための通訳をしたり、イベントにメダルを持ち歩くのと同じです。

この夏に予定されて東京オリンピックが計画通りに進めば、約78,000人のボランティアが、別の責任を問われることがあります:参加者と自分の両方にコロナウイルスの拡散を防ぐことです。

保護のためにボランティアに置いての千マスク、消毒剤ボトル、社会的距離を置くの信念が提供されます。 日本の遅い年齢ベースのリリースを使用して、予防接種を受ける資格がないとコロナウイルスの予防接種をしていません。

通訳者としてボランティアを申請した東京のパラリーガルの明子刈谷(40歳)は、「私たちがどのように仕事をすることができるか分かりません。 オリンピック委員会は、「私たちの安全保障のために何をするのかを正確に教えてくれませんでした。」

主催側が伝染病の真ん中東京がオリンピックを受けることがあることを全世界に確保するために努力しながら、ボランティアは、感染を避ける方法を把握するために、ほとんど一人で残されました。

延期されたオリンピックのための計画の多くは、パンツの品質を持っています。 開幕式まで3ヶ月もたたない残ったので、主催者側は、国内の観客の立場かどうかを決定していないか、選手のほか、誰が定期的に試験を受けるかについての詳細を把握していませんでした。

日本の国境がほとんど部外者に閉鎖されたほぼ1年後に数万人の参加者が200以上の国から東京に降りてくることです。 ボランティアの仕事は、彼らがオリンピック村と他の場所を含むことが「バブル」を出入りしながら、多くのオリンピックの訪問者と接触させることになります。

ドイツ日本学研究所のボランティアであり、副所長であるBarbara G. Holthusは「泡の中に入り、外に出ている多くの人々があり、彼らは全く保護されず、さらに試験も受けられずにいます。 東京で。 「私はスーパー拡散事件の危険性を知っています。 “

よりたくさんの せん断 ボランティアに配布する訪問者に少なくとも1メートル(3フィート少し超える)間隔を置くように要求します。 シフト中に手を頻繁に消毒する必要があります。 誰かに助けを提供する場合、相手を直接対面せず、マスクなし言わないでください。

「マスクの着用と手洗いは非常に基本的ですが、可能な限りそのようにすることが、私たちがすることができる最も重要なことです。」と、東京の組織委員会のボランティア広報担当シニア・ディレクタのNatsuki Denが言いました。

「人々は、しばしば「それはあまりにも基本的です。 それはあなたがすることができるすべてのですか?」と言います。 しかし、すべてのボランティアは、これらの基本的な措置を実行すると、「実際にリスクを制限することができます。 そのほかにも、魔法対策は、実際に存在しないため、考えにくいです。 “

日本国民の大多数が、今年のオリンピック開催に反対したが、多くのボランティアは、少なくとも原則的に1年以上の分離された後、国際的な親睦を図るために最善を尽くしていると言います。 (東京組織委員会初代会長である森喜朗が性差別的な発言をした後、約1000人のボランティアがやめようボランティアの順位は大きな打撃を受けた。)

しかし、ボランティアは、特に東京でウイルス事例が急増しているので、自分の健康と運動選手や他のオリンピック参加者の安全を心配します。 首都は現在、緊急の状態にあります。

東京の技術会社で働いているパラリンピックイベントバックステージで選手たちを助けるように割り当てられた30歳のYuto Hiranoは「ウイルスに感染して症状が表示されず、偶然に選手たちに与えることが怖いです。 ボールスポーツボチア。 「私はそれらを保護することができるように自分自身を保護したい。」

オリンピックボランティアのほか、主催者側は、オリンピックに参加する医療スタッフを確保する必要があります。 一般的に、医師や看護師も、オリンピックにボランティアが、今年はコロナウイルスとの戦いでの医療システムが過度に増加に応じて、医療従事者が悩む開始しました。

日本の医療労働組合連合は、ウェブサイトに掲載された声明で、「東京オリンピックに看護師500人の派遣を要請するダイアログに驚いた」とし「今はオリンピック時ではない。 コロナウイルス対策が必要です。 “

大流行が続き、一部の非医療ボランティアは安全を守るために最善を尽くしています。 東京から約90マイル離れた静岡のビジネス・カレッジで英語を教える青島陽子(49歳)は、働く予定日に110,000円(約1,000ドル)の費用でホテルを予約しました。 それは彼女が通勤する必要がないことを意味します。

東京の公共交通機関を避けるために、彼女は東京に到着し、交代勤務が割り当てられたフィールドホッケー競技場で通勤するとき、自転車を購入する予定です。

しかし、前の体育教師だった父の遺産を称えるために部分的にボランティアをすることに決めた青島さんは、オリンピックが終わった後、家に戻ったときに、家族をどのように保護するかどうか不思議です。

「静岡に戻ると、家族が一緒にいても安全ですか?」 青島氏が尋ねた。 “再び職場に戻ることができますか?」 彼女はすでにオリンピックの後に使用自宅でコロナウイルススキャンをいくつか購入したと述べた。

昨年一年の間、群衆を避けて過ごしたボランティアに、突然、日本の外での運動選手、コーチ、管理またはジャーナリストと接触するようになる概念は、認知不協和を誘発します。

東京のパラリーガルのMs. Kariyaは「昨年に赤ちゃんを出産したときに友人を一人だけ会った。 「私は本当に行くことスーパーマーケットや銀行に行きます。 最後に、列車に乗ったのは、昨年3月でした。」

より多くの安全対策がない状況でKariyaさんはボランティアとしてやめ基考慮していると言いました。

多くのボランティアが、オリンピックの前にワクチンが提供されていないという事実に失望しています。 今までの主催者は、予防接種のために、日本オリンピック選手の優先順位を考慮しておらず、ボランティアの数ははるかに少ないと言いました。

チャールズを訪れる千春西川(61歳)は、「彼らは優先順位があると言うことができません。 人々が叫び始めるからです。 彼は2016年にリオデジャネイロ五輪と2012年のロンドンオリンピックでボランティアをしており、オリンピック委員会のボランティアについてアドバイスしました。

一部のボランティアは、主催者がマスクを着用、レストランでの食事を避ける、公共交通機関利用の禁止などのルールに準拠するかどうかを確認するために、すべての人を監視するリソースがないと心配と言いました。

Holthus氏は、ボランティアが調和のとれたおもてなし画像を投写することが主な役割であるため、グー桁に置くことができると言いました。

昨年のオリンピックが延期される前に発行されたボランティアハンドブックは、彼らに「笑顔で人々に話をかけるように「奨励しました。 以降、オンラインセッション、およびその他のメッセージでHolthusは「彼らはまだ「ああ、あなたの笑顔が非常に重要になります。」と続け言います。」と言いました。

「私たちはマスクを着用する必要があります。 “彼女は言った。 「だから、私はそれが非常に鈍感であると思います。」

すべてのボランティアが安全に深刻な懸念を持つことはありません。 いくつかは、ラインの内容を考慮すると、ルールを広範囲に準拠するものと予想と言いました。

旅行作家、写真家であり、翻訳のPhilbert Onoは「選手がオリンピックに参加するために必要なすべてを行うと思います。

「私たちが彼らにマスクを書けば、彼らは、マスクを使うことです。」と彼は言った。 「食事をするとき、彼らは遠く離れて座って一つの方向だけ直面するでしょう。 だから私は、彼らは非常に訓練されており、何が危険で運指を知っていると思います。」

Hikari Hidaが報道に貢献しました。

READ  今週Jujutsu Kaisen Chapter 138リリースセット、プレビューは興味深い事実を明らかにします。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close