スポーツ

オリンピックスノーボード銀メダリスト平野歩夢、東京スケートボード出展

オリンピックスノーボードの銀メダリストAyumu Hiranoは金曜日、最後のオリンピック予選のデューツアーイベントで男パークスケートボードで東京オリンピックマリーナを確保しました。

26位に終わったにもかかわらず、22歳の彼は私が原ユーロが30位、笹岡健介が49位を記録した後、日本の唯一のホスト国の席で予選順位を維持した。 順位は2019年以降の予選結果です。

4つのスケートボードのイベント(男性と女性公園との距離)の各20個のポイントのうち1つのバースが日本のために予約されています。

2018年のオリンピック男子スノーボードハーフパイプ2連覇を取った平野は東京オリンピックデビューからスケートボードをプレーしたいという願望を表明した。

今年2月には、平野はアメリカ革命ツアーの駅であるコロラド州で開催されたアスペンスノーマスオープンで男ハーフパイプ冠を獲得することにより、競争スノーボードに復帰しました。 2018年の平昌五輪以来初のスノーボード大会だった。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ルノーF1チームに最後のレース。 RS25でアロンソがデモ走行/ 2020年の最終戦F1アブダビGP[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close