経済

オリンピック前に日本で平等を追求するLGBTグループ

東京 – 活動家たちは、日本の与党に10万6千人を超える署名が入った請願書を東京オリンピック前に性少数者平等法が制定されることを促しながら、開催国として、日本は性差別と性差別を禁止するオリンピック憲章に従うべきだと主張した。

彼らの行動は、福島県北部でオリンピックの聖火リレーが始まった日、7月に開始されたオリンピックをカウントダウンする日に行われました。

LGBTQと他の人権活動家たちは、日本が男女平等、多様性、およびその他の人権問題に対処するため、注目を受けながら法の推進力が高まっていると言います。

「日本の多くのLGBTの人々はまだ差別を受けています。 私たちは、LGBTの人々の人権と平等を保障するための法案が必要です。」と請願を組織した4つの主要なグループの一つであるLGBT法制のための日本連合の理事であるYuri Igarashiが言いました。 「平等法を合法化することは、開催国の責任です。」

五十嵐は、この団体が菅義偉首相の与党である自由民主党とその下級連合パートナーとメイト、そして野党議員に署名を提出したと述べた。

日本は徐々に性の多様性への支持と認識が増加したが、法的保護が不足しているのに対し、他の数十の国では、同性結婚を許可し、性少数者の権利を保護する他の法律を制定しました。

準拠するように圧力は依然として多くのレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、およびトランスジェンダーの人々が学校、職場、さらには家族から差別を恐れて性的アイデンティティを非表示に強制します。 トランスジェンダーは公式文書で性別を変更する前に、生殖器官を削除する必要があります。 これは、国際医療専門家と人権団体が非人道的だと批判する要件です。

しかし、最近、日本の北部札幌の地方裁判所は、同性愛禁止が憲法上の平等権を侵害するとの判決しました。 この事件は、即時法的影響はありませんが同等の権利に対する大衆の支持を促進することができます。

与党は性少数者問題への意識を高めることを約束して「理解の増進」の立法を推進中だと言ったが、当マイ保守主義者たちの強い抵抗に直面することが予想される。

トランスジェンダーの活動家、元フェンシングのオリンピック選手だったし、ミノー杉山は記者会見で、日本のLGBT運動選手が差別に対する恐怖や家族失望のために出てくる場合がほとんどなく、将来のキャリアと運動団体との関係を損なう心配と述べた。

「運動系の変化が社会の変化の原動力になることができると考えている。」とSugiyamaは言いました。 「私たちは、性少数者だけでなく、すべての人が安全な環境で生きることができる社会を実現するために平等を要求します。」 AP

画像クレジット: AP

READ  資産1億ウォン以上「金持ち」132万7000世帯コロナ流行に変化資産運用:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close