スポーツ

オリンピック前のキャンプを脱出したウガンダの選手、日本で発見

先週、日本西部でオリンピック前のトレーニングをしていたの逃走したウガンダの選手が発見され、警察と面談を受けていると、管理者が火曜日発表した。

日本の中部の三重県警察は、20歳の重量挙げ選手Julius Ssekitolekoが日本西部のホスト都市から東に170km離れた四日市市にある明らかにした。 警察は、彼は金曜日大阪府泉佐野にある自分のホテルを脱出した後、彼は故国に帰りたくないというメモを残した後、何が起こったのか尋ねている。

Ssekitolekoは旅行バッグや、日本に滞在し、働きたいというメモを残しました。 彼は日本に到着して、今週に帰国する予定だった、最近発表された国際ランキングでオリンピックの基準に満たなかった。

伝染病に延期されたオリンピックは、火曜日に1,387人の事例を報告東京の感染急増に対する懸念が高まるにもかかわらず、金曜日に行われます。

東京オリンピック取材

6月19日成田国際空港に到着したチームのメンバーの一人が陽性判定を受け隔離された、残りの8人は泉佐野のチャーターバスで500km(300マイル)以上移動することができました。

数日後、チームの第二のメンバーが陽性反応を見せ、チームと密接に接触した7人の時の公務員とドライバーが自己隔離されました。 保健当局者は、感染したウガンダの二人ともデルタのバリエーションを持っており、この亜種は、より伝染性の強いものと考えられると述べました。

7月7日からの分離を終え訓練を終えた代表チームは火曜日関トールレコなく東京オリンピック選手村に向かった。

READ  柳菅野がMVP / NPBアワードを受賞リスト - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close