トップニュース

オリンピック反対請願、日本で数万人の署名獲得 – NBC Chicago

東京オリンピック取り消しを要求するオンライン請願はわずか数日前に日本で始まった後、数万人の署名を受けました。

請願書の導入は、東京、大阪とコロナウイルスの感染が増加している緊急事態にある他のいくつかの地域では、特に新しい亜種と一緒に提供しています。 緊急事態は、5月11日有効期限が切れる予定だが、日本の一部報道によると、延長されるものと思われる。

延期されたオリンピックは7月23日に、わずか3カ月で開幕する予定である。

請願書は、今月末に日本を訪問する暫定的な計画を持っているトーマス・バッハ国際オリンピック会場に伝達される。 彼は5月17日、広島でオリンピックの聖火リレーを満たす予定であり、多分小さい半オリンピックデモが計画されている東京に旅行することができます。

木曜日、IOCトーマスバッハ会長は、中国オリンピック委員会が2020年東京オリンピックと北京2022オリンピック参加者にワクチンを提供することを発表しました。

世論調査では、日本の市民の70〜80%が、オリンピックがキャンセルされたり延期されることを望んで述べたが、これが起こることの兆候はありません。 菅義偉日本の首相、橋本聖子東京組織委員会委員長、バッハは試合が予定通り行われるだろうと繰り返しました。

主催者とIOCは先週、いわゆるプレイブックを公開して運動選手と他の人が大流行中のオリンピックを開催することができる方法を示すことができるルールを説明しました。 最後の数日間、複数のテストイベントが行われており、主催者は、いくつかの問題が報告されました。

オリンピックの聖火リレーは、一ヶ月間、日本を横切っています。 主催者によると、リレーの操作をする8人のウイルスの陽性反応を示しました。

東京オリンピックが正式に154億ドルを支出した、日本の顔を求める運動になりました。 IOCの場合、東京オリンピックは、輸入の73%がテレビ版権販売で発生するため、非常に重要です。

国際オリンピック委員会のオンライン会議でトーマス・バッハ会長は東京が「歴代最もよく準備され、オリンピック都市」と述べた。 コロナ19拡散に1年延期されたこのゲームは、総合的なCOVID-19対応策として、7月23日に開催される。

主催者側は、オリンピックが「安全、安全だ」と言いながら、地域メディアの専門家たちの挑戦と、先月、英国医学ジャーナルの社説で、オリンピックのような大規模なイベントは、「安全も安全でもない」と言いました。

主催者は、オリンピックをサポートするために、1万人の医療関係者が必要だと言います。 また、500人の追加の看護師(要求を拒否した看護師連盟)と200人のスポーツ医学の専門家を要請しました。

請願は、東京支社のために複数回出馬した弁護士宇都宮健児が組織しました。 発売後最初の24時間の間に、約50,000個の署名を登録しました。

請願書に英語での見出しは、「人の命と生活を守るために、東京オリンピックの取り消しを求めてください。」と書かれています。

この請願は、オリンピックが安全に開催されることがないことを示唆してゲームがCOVID-19ワクチン発売のような他の要求のために財政を無駄にしたと言いました。 日本人の2%だけが予防接種を受けました。 日本はウイルスが原因で10,500人の死者が発生しました。 グローバル基準では良いが、アジアの隣人ほど良くはありません。

“7月に東京オリンピックとパラリンピックを開催するために、私たちは、多くの医療専門家と医療施設と医療機器のような貴重な資源やその他のさまざまなリソースを投入してください。」と請願は言う。

全国的に流布された毎日新聞が実施した調査では、9人の県知事は試合がキャンセルされたり、再延期されることを望んでました。 47人の知事のほとんどは、医師の決定権がないと答えを拒否した。

READ  スポーツベッティングの新しい楽しみ方

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close