理科

オリンピック期間中、東京のレストランのオーナーは、COVID-19制限で困難を経験しています。

東京 – 1月以来、初めて7日間のコロナ19感染者の平均が1,500人を超えました。 東京は、4番目の緊急事態を続けている間、いくつかのレストランのオーナーは、他のビジネスが正常に戻ってきて被害を被るれたことは、自分だと思います。

運動選手がスポーツの頂点に達したときに、全世界の多くの人々が喜びと歓喜を感じる、日本のレストラン所有者は、別の方法で感じます。

ホブゴブリンブリティッシュパブ(Hobgoblin British Pub)を含む東京のレストラン3ヶ所のオーナーであるマーク・スペンサーは、「絶対災害」と述べた。

「コーヒーショップがオープンしました。 デパートがドアを開きます。 ディズニーランドが開きます。 この種の場所はすべて開いていて、バーやレストランのみに焦点を合わせることです。」とSpencerは言いました。 「ちょっと不公平だと思います。」

国際オリンピック委員会は、オリンピックで約40億ドルの収益を上げることができますが、東京の第四の緊急事態のためにMarkの事業は、お酒を提供することができず、午後8時までを閉じてください。

Spencerは「売上高の60%が主流であるとき、明らかに大きな影響を与えます。」と言いました。

Spencerはまた、オリンピック期間中、ファンがない制限のため、住民が混乱して矛盾したかのように見えるました。

スペンサーは「オリンピックの開会式の日の夜、オリンピックスタジアムで、文字通り500m離れたところに野球場があったそこには観客が集まった」と述べた。

これらの困難にもかかわらず、Spencerは、日本の成人の20%がワクチンを完全に接種することにより、肯定的な反応を得てと言いました。

「私は今ではほとんどの私の友人は、すべての予防接種を受けたことを望むことができます。第お客様のほとんどは、予防接種を受けたが、3ヶ月前にそうでした。」

READ  猫は幸福感を感じるよりも実用的なイユロウンつるとキャットニップが好きです

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close