スポーツ

オリンピック:ケニア、日本の久留米でオリンピック前のトレーニングキャンプが再起動されると、スポーツニュースと主なニュース

ナイロビ(ロイター) – ケニアはまだ久留米でオリンピック前のトレーニングキャンプを開催する計画だとオリンピック委員会が木曜日(6月3日)、日本の都市がコロナ19の問題としてそれらを誘致していなかったと発表してから一日ぶりに発表した。

ケニアのオリンピック委員会は、水曜日に久留米管理が4月中旬以降、感染が急激に拡散して深刻な状況を引き起こすし、時価オリンピック前のトレーニングキャンプを開催することを撤回していると言いました。

しかし、ケニアの国立オリンピック委員会事務局長であるフランシス武闘クはロイターにキャンプが再起動されたと述べた。

彼は電話インタビューで、「今日現在、我々が持っている情報は、現在の私たちがあるということだ」と述べた。

Mutukuケニアチームが7月5日クールメロ飛ん都市にキャンプを設置する計画だと述べた。

ケニアの日本大使館は、電子メールの声明でキャンセルのニュースが「誤って報告された」と述べた。

「久留米市は、ケニアの選手を迎え入れるために必要なすべての準備がなされるよう継続的に努力しています」と大使館の日本情報文化センターの責任者である大西洋子さんは言いました。

大西は久留米の大久保勉市場が木曜日の記者会見で、彼の時価ケニアの選手を迎え入れるための徹底した準備を続けるだろうCovid-19プロトコルに特別な関心を払うと確認したと述べた。

オリンピックは7月23日に開始される予定だが、感染症が原因で100以上の自治体が海外でチームを誘致する計画を廃棄するなどの準備を妨害しました。

オリンピック主催者は、ほとんどの日本人がイベントをキャンセルまたは再延期することを望んでいるが、オリンピックが安全に開催されるだろうと主張した。

READ  サイモン情報提供(Simon Zebo):アイルランドのウインガーはまだ「素晴らしい選択」とAndy Farrellは言う。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close