トップニュース

オリンピック:日本人のほぼ60%が森が2020東京のシニアの役割に適していないと思います。

ジャックタラント

東京(ロイター) – 日曜日教徒ニュースが実施した世論調査によると、日本国民のほぼ60%が森喜朗東京2020大統領がオリンピック組織委員会委員長の役割に適していないと考えている。

前首相であった83歳の森は、今週の女性が会議で余りに長く話したと述べた。 彼は後に日本のオリンピック委員会との会議で謝罪したが、辞任を拒否した。

この発言は、数万人の署名をモリモリのアクションを促す請願と国内外のソーシャルメディアに嵐を引き起こした。 日本のテニス選手ナオミ大阪は、彼の発言が「知らない」と話した。

Kyodoが電話で実施した世論調査によると、1023人のうち約60%がMoriがその職に適していないと答えました。 回答者の6.8%だけが、自分の役割に適していると答えました。

東京オリンピックはCOVID-19大流行により、昨年に延期され、今年7月23日から開催される予定です。

Kyodoはまた、日曜日に女性の日本ラグビー連合サッカー理事会のメンバーがMoriの発言が彼女に向けたものと言った報道しました。

2013年にJRFUの初の女性理事となったYuko Inazawaは「本能的に彼が私に言及していると思った」と話した。

JRFU理事会の5女性の一人Inazawaは「アマチュアとしての観点からの質問を投げながら会議が続いたようです。」と言いました。

「しかし、それは女性が会議を集めるように作る言うのとは全然違います。 “

Moriは2015年までに10年の間にJRFU会長を務め、2019年ラグビーワールドカップ直前まで名誉会長に任命されました。

(Jack Tarrantジャーナリスト、Ed Osmond編集)

READ  県内で新たに10人が新型コロナ感染6人のクラスタ関連 - 秋田魁新報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close