オリンピック:札幌はIOCが2030年、2034年のゲーム開催を告げながら除外

Estimated read time 1 min read





クリストフ・ドゥビ国際オリンピック委員会(IOC)オリンピックゲーム事務総長がIOC会議後、2023年11月29日、パリで記者会見を行っている。 (刑務所)

国際オリンピック委員会(IOC)が2034年冬季オリンピック優先開催地としてユタ州ソルトレイクシティを選定し、札幌のオリンピック開催希望が無算になったと11日明らかにした。

日本北部都市は、2021年夏に開催される東京オリンピックに関連する入札談合及び贈収賄スキャンダルにより、2030年冬季オリンピック誘致を放棄した後、2034年開催可能性を模索してきました。

IOC執行委員会は、水曜日のパリ会議でそれぞれ2030年と2034年の大会の優先開催地として、アメリカ西部のフランスアルプスとソルトレイクシティを選択しました。

取締役会はまた、スイスが2038年オリンピックの「特権会話」に招待した後、その後開催のリーダーとして指摘しました。

10月11日、2030年に誘致を撤回した札幌は、数日後、IOCが2030年と2034年の開催地を同時に選定すると発表し、2034年に対する新たな入札を開始する時間がほとんど残っていませんでした。

IOCは声明を通じて「2030年と2034年の開催を好む開催国とより詳細な議論に入る予定」とし「来年7月パリで開かれる総会で両ゲームとも正式に授賞する」と明らかにした。

2002年冬季オリンピックを開催したソルトレイクシティは、長い間別のオリンピック開催を好んでおり、米国の大衆と政府の各階層の強力な支持を受け、IOCから賞賛を受けました。

IOC冬季オリンピックの将来開催委員会の会長であるKarl Stoss氏は、フランスアルプスとソルトレイクシティの両方が「選手体験のビジョン」と、開催地域や国家の社会経済的発展計画で頭角を現したと述べた。

Stoss氏は、「委員会は、他の利害関係者が、今後の試合で選手体験を最適化し、急増する大衆および政治的支援基盤を構築し続けるためにより多くの時間を費やすことで利益を得ることを強く感じた」と述べた。

1972年に初めて開催された札幌の二度冬季オリンピック都市になりようとする試みは、2018年9月に北海道を襲った規模6.7の地震により、2026年のオリンピック誘致のための初期計画が崩壊した後、相次いで障害物にぶつかりました。

その後、市はコロナ19ファンデミックと東京オリンピックを取り巻く腐敗スキャンダルに照らして、開催の利点について懐疑的な大衆を説得するために苦労しました。

東京オリンピック組織委員会前役員と大型広告会社の電通役員の一人は、オリンピックテストイベントや大会を計画・運営するために約437億円(3億ドル)規模の契約入札を操作した疑いで起訴された人々の一人です。 。

高橋春之元組織委員会委員長と元天津専務理事は、企業がオリンピックスポンサーやマーケティング代理店に選定されるのを助ける対価として賄賂を受けた疑いで先に起訴された。

READ  金曜日の夜の説明会 - The New York Times
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours