スポーツ

オリンピック:IOCのポンド、日本国民の懸念の理由調査| スポーツ

東京(ロイター) – 国際オリンピック選任委員ディックポンド(Dick Pound)は、最近の世論調査で、約80%が7月に行われるイベントに反対することが示された後、今年の夏のオリンピック開催のために、日本の大衆の懸念の原因を調査してたいと言いました。

日本の多くの地域が第3次コロナ19感染緊急事態に直面しているが、主催者側と政府は7月23日から8月8日まで開催されるオリンピックの演技を準備することを約束しました。

ポンドは水曜日に日本語で発行されたコメントで朝日新聞とのインタビューで、「イベントの開催に疑問を提起している人が日本にいることを知っている」と述べた。

「一緒に理由を詳細に見て対応したい。多くの選手たちと海外でコロナウイルスを広める人々が気になるのか、コストに反対するのか、それともオリンピックを嫌う人がいるかもしれない」と述べた。

ポンドはまた、人々がスポーツの最大のステージに足を踏み入れ置くために数年間の努力を傾けたことに注目しながら運動選手の感情を考慮することを呼びかけました。

彼は今年の夏のオリンピック開催するかどうかの決定は、遅くとも5月まで下す、また、他の遅延は不可能だと強調した。

「個人的には、この夏にオリンピック開催が可能だと思います。」 「いくつかのワクチンが開発され、世界中の人々が予防接種を受けています。コロナウイルス感染の危険性を減らすことができます。 “

(Chris Gallagher見て、Peter Rutherford編集)

READ  ヨシュア、プロレフ9回KO圧勝怒りと統一に前進写真14枚国際ニュース:AFPBB News

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close