エンターテインメント

オリンピック – バスケットボール – 日本の女性、フランス破り初東京優勝

日本は火曜日、東京オリンピック女子バスケットボール大会の初戦で執拗な守備と無慈悲な3点シュートでフランスを74-70で下した。

フランスは、ダブル、トリプルチームに主催国のボールハンドラを閉じ込めるうたので、攻撃の難しさを経験し、日本は最後のフレームで、一連のクラッチ3点シュートをノックして、フランスの守備のミスを利用しました。 フランスは4クォーターに得点した後、しばらくのリードを握った。 結局Moeko Nagaokaが29秒を残して短剣3点シュートを成功させ、日本を72-68にした。

日本は長岡、高田真希、林咲など3人の二桁得点が12点でチーム最多得点を記録した。 サンドゥリン本だ(Sandrine Gruda)が18得点でフランスを率いて9リバウンドをつかみ出した。

日本のトーマス号バース監督はこの日の試合の選手にほぼ37分を走った高田を指定した。 「私は彼女に私達が彼女のプレイ時間について、一般的にすること以上に行くように要求しました。」とHovasseが言いました。

「彼女の守備的に低いポストは驚異的でした。たとえGrudaが後半に大活躍をしたにもかかわらず、すべてのシュートは競合を行いました。これは、ワンパス、ワンドリブルシュートではなく、彼女に大変なことでした。私たちは、彼女のためにそれは非常に苦労しました。「日本のSaori Miyazakiは攻撃的な守備がゲームプランの中核と言いました。

「守備において、我々は、フランスの選手たちよりもはるかに小さい。守備は長い間、日本バスケットボールの大部分であった今日成功してうれしいです。」と彼女は言いました。 日本選手は5個を含む11個の3点シュートを記録しました。 第4四半期には41%に戻る退い一方、フランスは21%に過ぎなかった。

ヴァレリーガルニエフランスの監督は、「この日本のチームは守備でミスをするたびに3点シュートを打ち上げ記録する」と述べた。 本ある不満を隠せずにノリョクランのチームを呼んだ。

「私は、彼らが私たちよりも多く戦ったので、彼らは勝利する資格があると思います。」と彼女は言いました。 「それはあまりにも悩み苦しみ」 オリンピックで一度もメダルを取ったことがない日本は木曜日大国である米国と対戦する。 2012年銀メダルを獲得したフランスがナイジェリアと対戦する。

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  Juice = Juice宮本佳林卒業「愛してくれてありがとうございます」その笑顔はハロプロの歴史|頑固ジェイピーnews - 最新芸能ニュース相次い!

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close