エンターテインメント

オーストラリア、イランワールドカップ予選参加、FIBA敗北

オーストラリアのバスケットボール部は、警察の拘禁の一人の女性の死で、全国的なデモが発生したイランにブーマー世代を送らないことにしました。

マニラ、フィリピン – オーストラリアは、11月14日月曜日にテヘランで開催されたFIBAワールドカップアジア地域予選イランとの試合でプレーヤーの安全上の問題として棄権しました。

バスケットボールオーストラリアの決定は、Boomersが来年、フィリピン、日本、インドネシアが共同開催するワールドカップに進出した後です。

オーストラリアバスケットボール連盟は声明を通じて「バスケットボール協会は関連当局と共に徹底したリスク評価を実施し、結果的に現在としてはどのチームもイランに派遣しないだろう」と明らかにした。

イランでは警察の拘禁中、22歳の女性マサ・アミニが亡くなった後、全国的なデモが行われた。

9月に「不適切な服装」で逮捕されたAminiは、昏睡状態に陥る前に警察に殴られ、数日後に死亡しました。

300人以上のデモ隊が死亡し、外国人を含む数週間続いたデモの間に15,000人以上が拘禁されました。

FIBAは去る11月11日金曜日の声明でイランが試合を没収し、「潜在的な追加措置」の調査を始めると付け加えた。

オーストラリアはアジア地域予選で9試合すべて平均31点に勝利し、無敗行進を続けています。

ブーマーズは先週金曜日、アスタナで開かれたカザフスタンを97-50に破り、ワールドカップ本選に進出した。

オーストラリアとワールドカップの開催国であるフィリピンと日本を除いて、レバノンとニュージーランドもアジア太平洋地域のグローバルバスケットボール対決に参入しました。 – ラッパードットコム

READ  「Re:最初から開始するが、世界の生活偽りの王の選挙候補者」のキャラクタートレーラー第2弾が公開ゲーム発売記念キャンペーンも開始

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close